TOP>年の定例行事>阿含の初護摩

阿含の初護摩

阿含の初護摩

阿含宗総本殿・釈迦山大菩提寺:元旦、正午 関東別院:1月3日、正午



眞正仏舎利霊験無尽 元旦初詣り護摩修法
(しんせいぶしゃりれいげんむじん がんたんはつまいりごましゅうほう)
秘法・如意宝珠法護摩供 走り大黒天疾駆け集財秘法
如法愛染法 如法文殊法
聖不動結界護身法
「阿含の初護摩」は、年頭にその年の大福運を授ける、阿含宗管長・桐山靖雄大僧正ご親修(しんしゅう)の護摩修法(ごましゅうほう)です。
真正仏舎利尊(しんせいぶっしゃりそん)を本尊として、福徳宝生の御利益を意のままに授けてくださるという秘法、「如意宝珠法(にょいほうじゅほう)」をもって奉修するとともに、集財の霊験あらたかな「走り大黒天疾駆(はやが)け集財秘法(しゅうざいひほう)」と、良縁を結んで悪縁を絶つ「如法愛染法(にょほうあいぜんほう)」、さらに一切諸仏の智慧が授かる「如法文殊法(にょほうもんじゅほう)」を併修いたします。


特設サイトはこちら