TITLE:花まつり 三河龍神愛染明王護摩法要 奉修

Jun.19.2014 News by 東海本部管轄

花まつりに誓う新たな修行成就



 4月20日、三河道場で「花まつり 三河龍神愛染明王護摩法要」が執り行われた。
 午前11時、大勢の参拝者が集まった本堂に導師が入堂。三河龍神愛染明王護摩法要が始まると、参拝者は日ごろから威徳を授けてくださる真正仏舎利尊と三河龍神愛染明王に、心からの感謝の祈りを捧げた。
 法要後は厳かな雰囲気に包まれる中、本堂内に安置された誕生仏への甘茶かけが行われ、参拝者全員で釈尊の誕生日をお祝いし、仏縁に感謝した。
 その後、参拝者はロビーで販売された修行者手作りの目玉焼き入り焼きそば、おはぎ、杏仁豆腐などで、楽しく歓談しながら昼食を取り、さらにはバザーも楽しんだ。
 午後1時からは、導師による法話があった。大高錬成道場で阿含宗の新たな修行が始まったことが説かれると、参拝者は決意も新たに、その修行に取り組んでいくことを再確認した。
 法話後は導師による愛染明王法冠加持が、参拝者全員に施法された。今年の花まつりも非常に楽しい1日となった。