TITLE:第30回東海土地浄霊 真正仏舎利尊御奉安 孝明天皇御鎮座百二十年奉祝 玉鉾神社神仏両界柴燈護摩供 奉修

Dec.31.2019 News by 東海本部管轄

孝明天皇勅願宮・玉鉾神社のご神徳を賜り、カルマ断滅のため、会津へ「いざ出陣!」



9月1日、阿含宗本山法務管長・中僧正を導師に、「第30回東海土地浄霊 真正仏舎利尊御奉安 孝明天皇御鎮座百二十年奉祝 玉鉾神社神仏両界柴燈護摩供」が愛知県武豊町・玉鉾神社で挙行された。

 玉鉾神社創設者の故・旭形亀太郎宮司は幕末動乱期、宮中力士隊隊長として宮中警護を任された。元治元年の蛤御門(はまぐりごもん)の変では迫りくる砲弾の中、会津藩の志士らとともに玉座守護の大任を果たして孝明天皇をお護りし、格別なる信頼を賜った。
 その後、旭形亀太郎翁は孝明天皇から「後の世に日本を守るべき神社の創設を」とのお言葉を賜り、天皇の崩御後、ご遣勅に従って伊勢神宮と熱田神宮の中間、知多半島の真ん中にあたる武豊の地に、孝明天皇を御祭神とする同神社を創建した。本法要は、その御鎮座百二十年の奉祝と、幕末維新関連犠牲者の成仏を祈るものである。



 午前10時20分、法要に先立って、旭形亀太郎翁の墓前で御法楽があり、次いで社殿にて正殿参拝が行われた。続々と参拝者が集う中、山伏行列が修法地へ入壇して法要開始。まず同神社・宮司による御神事が斎行され、同神社雅楽部により「みたま慰の舞」が奉納された。
 宝剣作法、願文と次第は進み、「人類救済の御聖火」が護摩壇に点火されると、勢いよく白煙が昇り、「開祖霊諭」が奉読された。開祖は御霊諭で、幕末動乱期に在位され、非常事態の続く時代にあってなお、ひたすらに民を慮(おもんぱか)って国の安泰を願われ、神仏を敬って祈りを捧げられた孝明天皇の思いと、「わが命 あらむ限りは祈らめや 遂には神の しるしをも見ゆ」との同天皇御製に触れられ、今の日本を取り巻く厳しい国際情勢の中、孝明天皇の御神徳高揚と国の安寧を祈る同法要開催の重要性について述べられた。
 大護摩壇の御聖火は力強く燃え上がり、参拝者たちは祈りを込めた護摩木を自ら投入。また、寄せられた特別大護摩木の一つ一つに導師が九字を施法し、修法中には導師による「開運除災特別加持」も行われた。祭壇には、阿含宗の成仏法によって供養された、孝明天皇と旭形亀太郎翁のご霊牌も奉安されたが、御神徳高揚を表すかのように光り輝いていた。
 同法要は行満を迎えたが、「幕末維新大柴燈護摩供」は1週間後へと迫る。地区修行者たちは心を弛めることなく、日本の悪しきカルマの根を断つため、「いざ出陣!」と一層奮起した。





TITLE:仏母凖胝観世音大菩薩・金胎両部 曼荼羅御奉安 護摩法要式典 挙行

Dec.27.2019 News by 東海本部管轄

凖胝尊のお力を受け、開祖の誓願をわが誓願へ



 8月18日、三河道場にて「仏母凖胝観世音大菩薩・金胎両部曼荼羅御奉安 護摩法要式典」が、宗務局係長・少僧都を導師に奉修された。
 午前11時、第1部は奉安なった「仏母凖胝観世音大菩薩」「金胎両部曼荼羅」のお披露目で始まった。続いて「開祖霊諭」が代読され、「積徳行とは私たちにとって最も大切な行であり、命終を迎え、来世に向かって自分自身の行くべき着地点をより高く見定め、そこへ到達できるよう努力することに他ならない。このことが修行の要であることをよく理解し歩んでいただきたい。『自利の行』で自分を高め、『利他の行』で徳を積み、聖者への道を歩んでほしい」とのお言葉を一同は胸に刻んだ。
 聲明「凖胝観音経」の奉納ののち、護摩法要へ。護摩壇に灯された「人類救済の御聖火」に、参拝者は地域の安全・繁栄を一心に祈念した。
 第2部の記念式典では、来賓挨拶後に鏡開きへと移り、乾杯で佳よ き日を言こ と祝ほ いだ後、東海本部信徒代表挨拶、ヴァイオリンの奉納演奏となった。「阿含宗三河地区のあゆみ」上映の次は、少僧都によるご指導会。締めくくりは地区信徒による御礼と決意表明で、「凖胝観世音大菩薩さまのご加護にふさわしい道場にするべく、三河地区一同、心を新たに、全人類を須陀洹にするという開祖の誓願をわが誓願として布教伝道に邁進していきます」との宣言に、一同は首肯しつつ、凖胝尊のお力を三河に照耀するための精進を改めて誓い合った。





TITLE:浜松道場 仏母凖胝観世音大菩薩・輪廻転生瞑想法秘伝 二大曼荼羅御奉安 護摩法要式典 奉修

Dec.25.2019 News by 東海本部管轄

凖胝観世音大菩薩奉安、仏縁を結び霊的浄化へ邁進



 8月4日、浜松道場において、「浜松道場 仏母凖胝観世音大菩薩・輪廻転生瞑想法秘伝 二大曼荼羅御奉安 護摩法要式典」が、阿含宗本庁理事長・中僧正を導師に奉修された。
 同地区は1979年に、浜松連絡所として活動を開始。1981年5月には、開祖ならびに故・堤たち副管長猊下をお迎えし、『龍神が飛ぶ』出版記念講演会を浜松市民会館で開催。開祖よりご指導を賜り、同年9月に道場を開設した。連絡所開設から40年を迎えた今年、地区信徒らは浜松へ開祖眞身舎利にご降臨いただくことを発願。それに先がけて仏母凖胝観世音大菩薩奉安活動を開始。その熱誠が実り、このたび奉安式典が開催の運びとなった。
 午前11時、護摩法要に先立ち、新たに奉安された「仏母凖胝観世音大菩薩」と「輪廻転生瞑想法秘伝 二大曼荼羅」の披露から、第1部が始まった。「開祖霊諭」奉読後、阿含宗彌榮神授雅楽部による御神楽の奉納があり、中僧正が入堂されて護摩法要が開始。護摩壇に立ち昇った御聖火は、地域の人々と信徒の守護を示すように、力強く金色に輝いた。
 第2部の記念式典では、導師挨拶、来賓祝辞、鏡開きと続き、「乾杯」の掛け声とともに、互いに杯を交わして奉安成就の喜びを分かち合った。「浜松地区の歩み」の上映後、「二胡演奏」の奉納も行われた。
 第3部はご指導会。浜松地区照耀行脚の活動報告を受けて中僧正のご指導となり、同地区信徒の決意表明が行われると、若手修行者による「六つの合い言葉」で締めくくられた。





1