TITLE:龍神赤不動明王縁日参り護摩法要・護摩堂建立成就大祈願会 奉修

Aug.08.2015 News by 東海本部管轄

不動明王に誓願成就を誓う



 6月7日、東海本部において「龍神赤不動明王縁日参り護摩法要」が奉修された。同法要は毎月8日に奉修されているが、今回は「護摩堂建立成就大祈願会」を兼ねることから日曜日である前日の7日に開催された。
 1階入口フロアには、信徒がお連れした一般参拝者も休憩・会話をしやすいように喫茶コーナーを設置。参拝者は法要前にコーヒーやお菓子、会話を楽しんだ。
 午後1時30分、阿含宗僧侶を導師に護摩法要が始まった。参拝者はお護摩の炎に龍神赤不動明王の姿を重ね、その力を感じ取ろうと一心に祈りを捧げた。修法後は、龍神赤不動明王奉安時の管長猊下ご法話をあらためて拝聴し、その意義を再確認した。また、阿含宗僧侶の法話にて参拝者はさらなる修行の啓発を得た。
 名古屋地区では5月度例祭にて東海本部本堂内への護摩堂建立と龍神赤不動講(仮称)創設の誓願を申請・発表した。管長猊下からご許可いただいた名古屋地区信徒は、さっそく本法要で参拝者に活動趣旨と誓願を発表。参拝者全員で誓願達成を目指し、五つの合い言葉で修行の成就を誓った。 最後には、修行の後押しとなるよう参拝者一人一人に特別加持が行われた。



1