TITLE:霊性開顕 心身健全・修行順調護摩法要 奉修

Jul.14.2015 News by 東海本部管轄

錬成修行の道場で修行精進




 6月6日、大高錬成道場において阿含宗僧侶を導師に「霊性開顕 心身健全・修行順調護摩法要」が奉修された。
 4月に行われた同法要は錬行会会員向けに執り行われたが、今回は阿含宗信徒であれば参拝できることとなった。当日は霊性開顕、心身健全、修行順調を祈るため、旧大高道場で入行した信徒も含め、多くの参拝者が参集した。
 午前11時、導師の阿含宗僧侶が本堂に入堂。龍神の功力を備えた御聖火が点火されると阿含宗信徒の心身健全・修行順調が祈念され、参拝者も燃え上がる護摩の炎に心からの祈りを捧げた。
 護摩法要終了後は阿含宗僧侶による法話があり、管長猊下のご著書『末世成仏本尊経講義』(平河出版社)を引用しながら霊性開顕について説き、参拝者からも大変よく理解できたとの声が届けられた。
 なお、午後からは錬行会会員向けに護摩点火実習会が開催された。20人の錬行会会員が受講し、まずは僧侶による不動護摩法の復習会が行われた。続いて4基の護摩壇を備えた大高錬成道場の護摩修錬堂にて、受講者は護摩を焚く作法を復習した。


1