TITLE:愛染明王護摩法要 奉修

Jun.28.2015 News by 東海本部管轄

愛染明王に新たな誓願成就を祈念



 4月19日、浜松道場では「愛染明王護摩法要」が、阿含宗僧侶を導師として奉修された。
 浜松地区では昨年、念願の護摩壇奉安新道場を落慶したが、今年からは龍神赤不動明王奉安を目指し、お導き誓願を立てて活動を続けている。そこで新たな法縁をいただくためにも、愛染明王に供養を捧げ、護摩法要を奉修することとなった。
 午後1時、入堂太鼓が本堂に響くと導師が入堂。満堂となった本堂の参拝者は、点火された護摩の浄火に心からの祈りを捧げた。
 護摩法要終了後、まずは一般参拝者の方々へ「凖胝如来一印明」が、導師を務めた阿含宗僧侶から授与された。続いて法話があり、愛染明王について、その功力と意味を分かりやすく解説した。参拝者からは愛染明王の功力をあらためて理解できたとの感想も聞かれた。法話終了後は愛染明王法冠加持を参拝者全員が受け、愛染明王の功力の種を授かった。
 その後は信徒向けの法座会が開かれ、阿含宗僧侶から霊性開顕の意味と意義についての講話があり、浜松地区信徒にとって貴重な一日となった。


TITLE:花まつり 愛染明王護摩法要 奉修

Jun.27.2015 News by 東海本部管轄

釈尊のご生誕を祝い、大いににぎわった一日



 4月12日、東海本部では「花まつり 愛染明王護摩法要」が奉修された。 東海本部では毎年、釈尊の生誕を祝う意味も込めて、多くの参拝者に訪れてもらえるよう、「花まつり」を盛大に開催。占い・相談コーナーをはじめ、お茶席や喫茶コーナー、バザーや信徒による作品展などで参拝者を迎え、会場となったロビーは大いににぎわった。今年は喫茶コーナーにてクラリネット演奏会も行われ、道場内は華やかな雰囲気に包まれた。
 午後1時、法要に先立って、本堂では阿含宗YAN修験太鼓メンバーによる「屋台囃子」の奉納演奏があり、参拝者から大きな拍手を受けた。その後、カンタータ『仏舎利宝珠尊和讃』に続いて、法要の導師を務める阿含宗僧侶が入堂。護摩法要が始まり、阿含の浄火が燃え上がると、参拝者は一心に祈りを捧げた。法要終了後は導師による法話と愛染明王法冠加持があり、法話では阿含宗僧侶から「霊性開顕」の霊性について、管長猊下のご著書を引用しながら解説が行われ、参拝者から分かりやすいと感想が聞かれた。


TITLE:霊性開顕 心身健全・修行順調護摩法要 奉修

Jun.26.2015 News by 東海本部管轄

「霊性開顕の年」に向け、修行順調を祈念



 4月11日、大高錬成道場において、阿含宗僧侶を導師に「霊性開顕 心身健全・修行順調護摩法要」が奉修された。
 いよいよ今年6月に阿含宗本山ブータン堂が完成するが、管長猊下はこのブータン堂の完成を機に、霊性開顕へ向けた修行を本格化させるとご指導されている。東海本部では、その本格的な修行が始まるに当たり、錬成修行道場である大高錬成道場で護摩法要を営み、信徒の心身健全と修行順調を祈念することとなった。
 本法要は錬行会会員行事として行われ、まずは午前10時30分、導師が入堂して第1部の護摩法要開始。護摩壇に点火されたお護摩の炎に、参拝者は心から手を合わせ、修行順調を祈念した。また、護摩法要後は阿含宗僧侶による霊性開顕に関する法話、阿含宗僧侶による瞑想勉強会も行われ、第1部が終了。
参拝者はこれから始まる霊性開顕の修行を通じて自らを高め、さらに精進することを誓った。
 なお、第2部では錬行会会員を対象とした滝行が行われ、参加者はさっそくの錬成修行の機会に真剣な表情で修行に励んだ。


1