TITLE:文殊菩薩護摩法要 奉修

Dec.29.2014 News by 東海本部管轄

文殊菩薩に大聖業成就を祈念



11月9日、三河道場において「文殊菩薩護摩法要」が、阿含宗僧侶を導師として奉修された。
 午前11時、導師入堂とともに法要開始。護摩の炎が燃え上がると、参拝者は文殊菩薩を供養して智慧無尽を祈念するとともに、
同日行われた「サイパン・テニアン大柴燈護摩供」の大成功を祈念した。
 法要終了後は導師による如意加持が参拝者に施され、休憩をはさんで阿含宗僧侶による法話があった。午後1時30分からは、新アゴンネットワークによる「サイパン・テニアン大柴燈護摩供全国一斉大祈願会」の中継が開始され、参拝者は管長猊下と心を合わせて大聖業成就を祈念した。



1