TITLE:太平洋戦争犠牲者・豊川海軍工廠犠牲者・豊橋空襲犠牲者 成仏供養/豊橋御聖火法要 奉修

Oct.04.2014 News by 東海本部管轄

戦争犠牲者の成仏供養祈る



 8月17日、阿含宗豊橋道場にて「豊橋御聖火法要」が阿含宗僧侶を導師に奉修された。 豊橋市は明治期より歩兵聯隊基地があり、ここから出征した兵士の多くが散華されたほか、
1945年6月19日には空襲を受けて624人の犠牲者が出た。また、近隣に豊川海軍工廠があり、空爆で2500人の方々も犠牲となった。
今回の法要では、こうした戦争犠牲者の成仏供養、世界平和と地域繁栄を祈念することとなった。 午後1時30分、満堂となった本堂に導師入堂。法要が始まり、阿含宗豊橋道場に初めて御聖火がともされると、参拝者は戦争犠牲者の心安らかな成仏を願って、真摯な祈りを捧げた。



1