TITLE:神仏両界大高守護錬成堂・修行順調大祈願護摩法要 奉修

Oct.11.2013 News by 東海本部管轄

護摩の炎に新錬成道場での修行順調を祈念



今年5月の東海本部例祭において、管長猊下によって命名された新たな錬成修行道場「神仏両界大高守護錬成堂」が、
来たる10月13日に落慶式典を迎える。東海本部では建立工事もほぼ完了した8月18日、「神仏両界大高守護錬成堂 修行順調大祈願護摩法要」を奉修した。




午後1時30分、入堂太鼓とともに導師が入堂、新たな錬成道場での修行順調を祈念する護摩法要が始まった。
阿含宗の歴史にも登場する由緒ある場所に錬成修行道場が完成する喜びと、管長猊下への感謝を胸に、参拝者は立ち昇る護摩の炎に向かって心からの祈りを捧げた。

東海本部


TITLE:三河龍神愛染明王御招来奉安式典 挙行

Oct.11.2013 News by 東海本部管轄

最高の愛染明王奉安に粉骨砕身の精進誓う





6月度冥徳祭において、管長猊下によって修法され、命名された「三河龍神愛染明王」の奉安式典が8月11日、三河道場において挙行された。
午前10時40分、式典が始まると内陣左手に奉安された「三河龍神愛染明王」の除幕式が行われ、まばゆい光を放ってそのお姿を現されると、
会場に集まった大勢の信徒から大きな拍手が湧き起こった。
次に阿含宗彌榮神授雅楽部による御神楽「豊栄舞」が奉納された後、「三河龍神愛染明王 御招来奉安式典 護摩法要」が奉修された。新たに愛染明王をお迎えした喜びに呼応して、護摩の炎は高く燃え上がった。

三河道場


1