TITLE:運がよくなり願いがかなう「護摩と法話」

Jul.04.2017 News by 東北本部管轄

霊性錬磨を進め、「北方洋上法要」大成功へ



 4月9日、東北本部において「運がよくなり願いがかなう『護摩と法話』」が営まれた。これは護摩によって霊性錬磨を推し進めることを趣旨とするもので、2016年4月より重ねられている。
 午前10時、1階の愛染明王護摩堂において「愛染明王御聖火法要」が営まれ、続いて午前11時より3階本堂において、阿含宗僧侶を導師に「資金順調 財運如意 走り大黒天護摩修法」が奉修された。
 午後1時からは関西総本部で修法される、「阿含宗世界平和祈念 樺太・千島・北太平洋戦没者成仏供養 北方洋上法要 大成功祈願護摩法要」を中継で拝して、「北方洋上法要」の成満を一心に祈念した。さらに理事長のご指導および宗務局からの説明を受け、同法要の意義を深く学んだ。
 最後に、午後4時15分からは4階の不動明王護摩堂において「不動明王護摩修法」が営まれた。
 計4回の護摩修法を参拝したのち、参拝者たちは法悦にひたりつつ、「僧侶とカフェ」で熱い心の内を語り合った。



1