TITLE:北方洋上法要大成功・郷土先人の霊位成仏供養・青森県繁栄祈念 青森土地浄霊護摩法要 奉修

Nov.10.2017 News by 東北本部管轄

郷土先人のご供養と「北方洋上法要」大成功を祈る




 好天に恵まれた6月18日、青森県庁に隣接する青森市長島の「青い森公園」において、阿含宗僧侶を導師として、「北方洋上法要大成功・郷土先人の霊位成仏供養・青森県繁栄祈念 青森土地浄霊護摩法要」が堂内護摩形式で営まれた。同地での土地浄霊護摩法要は今年で2回目となる。
 先の大戦下の1945年7月28日深夜、青森市には約8万3000本もの焼夷弾が降り注ぎ、多くの人々が犠牲となった。青森大空襲である。それらの戦災犠牲者の成仏を祈るとともに、併せて青森の先人のお霊をご供養申し上げて青森県の繁栄を祈念し、さらには「北方洋上法要」大成功へと弾みをつける前哨戦として、本法要を奉修する運びとなった。
 午前11時、護摩法要が開始。修法地に「人類救済の御聖火」が灯され、人々は戦没者と先人のお霊の解脱成仏のため、篤い祈りを捧げた。法要後は導師および青森地区推進委員から挨拶があり、最後は参拝者全員への、導師による特別加持で締めくくられた。



1