TITLE:日本の悪しきカルマを断つ! 福島大柴燈護摩供大成功祈念/開運の護摩法要 奉修

Sep.02.2014 News by 東北本部管轄

秋の二大聖業の大成功成就を祈念する



 7月20日、阿含宗山形道場において「日本の悪しきカルマを断つ!福島大柴燈護摩供大成功祈念 開運の護摩法要」が阿含宗僧侶を導師に奉修された。 
 管長猊下は、「今年の秋、わたくしは、東北の福島へ行きます。そして、福島で、わたくしが導師となって大柴燈護摩供を奉修いたします」とご法話でご指導されている。
 今回の護摩法要は、管長猊下ご親修の「神仏両界 福島大柴燈護摩供」の大成功成就を祈念するとともに、青森、岩手、秋田から地区承仕4人が護摩法要の研修に参加した。
 休息をはさみ、山形地区信徒から、秋の二大聖業に向けた決意が表明されると、本堂内に大きな拍手がわき起こり、その盛り上がりは、秋の大柴燈護摩供に向けて最高潮に達した。
法要後の導師法話では、会場に訪れた一般参拝者を含む多くの方々が耳を傾けた。 最後に、導師による「倶利伽羅龍王 宝剣加持」が施法され、一般参拝者には「凖胝如来一印明」のお守りが授けられた。



1