TITLE:東日本大震災犠牲者成仏供養 震災復興 東北大新生祈念 神仏両界 東北土地浄霊柴燈護摩法要 奉修

Mar.26.2018 News by 東北本部管轄

「人類救済の御聖火」で東北の悪しきカルマを断つ



 11月12日、福島県南相馬市・雲雀ヶ原祭場地において、「東日本大震災犠牲者成仏供養 震災復興 東北大新生祈念 神仏両界 東北土地浄霊柴燈護摩法要」が阿含宗僧侶を導師に奉修された。
 同法要地では2014年10月5日に、開祖・桐山靖雄大僧正猊下を大導師として「東日本大震災犠牲者成仏供養・震災復興・国土安穏祈念 神仏両界 福島大柴燈護摩供」が奉修された。以来被災地では、2015年3月の常磐自動車道の全線開通を皮切りに、同5月には仙台市と石巻を結ぶJR 仙石線の全線運行再開、2016年12月にはJR 常磐線の相馬駅から宮城県の浜吉田駅間が開通。本年はJR 常磐線の小高・浪江駅間が再開通となり、2019年度末までには全線再開通の見込みと、復興の足音が聞こえる。



 午前11時、本陣山から山伏行列が出発。一行が入壇し、阿含宗彌栄神授雅楽部による御神楽奉納、山伏問答、護身法、斧・法弓・宝剣の各作法、願文と続き、導師が九字を切って護摩壇へ点火。「大仏讃歌」が流れる中、「開祖霊諭」 が奉読され、「人類救済の御聖火を灯し続けて、東北の悪しきカルマを断ち、明るく輝く東北を創生する東北大新生に向かってひたすら前進せよ。諸君の闘魂に期待する」とのお言葉が修法地に響いた。
 その後は、大護摩木修法、光明宝蓮華散華、そして先達修法と続いた。  
 東北地区信徒は、今後も震災復興・東北大新生を祈念し、復興の歩みを続ける。


TITLE:第二の仏陀 応供の如来多宝塔御奉安式典 護摩法要 奉修

Mar.22.2018 News by 東北本部管轄

東北地区信徒の精進努力が実り、多宝塔御奉安となる



 10月28日の解脱成仏法要例祭に先駆け、東北本部において阿含宗本庁・理事長を導師に戴き、「第二の仏陀 応供の如来多宝塔御奉安式典 護摩法要」が奉修された。
 東北本部はこれまで「東北大新生」を掲げて布教活動を展開してきたが、その精進が結実してめでたく内陣に、開祖のお力が込められた「第二の仏陀 応供の如来多宝塔」を奉安する運びとなった。
 午前10時30分、同多宝塔が全参拝者にお披露目され、内陣中央にご奉安なった金色の多宝塔が、スポットライトに照らされて浮かび上がると、道場には万雷の拍手が湧き起こった。続いて護摩法要となり、多宝塔は護摩壇から立ち昇る「人類救済の御聖火」に映え、金色の輝きを増していった。
 修法後、理事長はご法話で、「東北本部内陣に奉安された多宝塔を拝した時、本当に素晴らしいと感じると同時に、須彌山の頂上より上の雲海の上でこの多宝塔が白銀の輝きを放っておられる様子が思い浮かびました。これほどの多宝塔が授かったのも皆、東北本部の皆さまの精進努力の賜物だと存じます。今後も『第二の仏陀』である開祖のお力を頂戴できるように、一層修行に精進していただきたいと思います」
 と語られ、参拝者たちは拍手をもって多宝塔の奉安を祝い、さらなる実践活動への思いを新たにした。


TITLE:南東北鎮護 七福吉祥神通いわき走り大黒天・護摩壇御奉安式典 釜開き護摩法要 奉修

Dec.12.2017 News by 東北本部管轄

災難消滅・福運招来を祈り布教活動に邁進



10月1日、いわき連絡所において「南東北鎮護 七福吉祥神通いわき走り大黒天・護摩壇御奉安式典 釜開き護摩法要」が、阿含宗僧侶を導師として、2部構成で営まれた。
 いわき地区は、現在の道場にご縁をいただいてから15年の間、毎年いわき市内の夏祭りに合わせ、「福運招来」「商売繁盛」「資金順調」を前面に出しての、地域密着の布教活動である、「大黒天祭」を続けてきた。そして15周年を迎えた今年、走り大黒天ご招来に向けた活動を展開。このたび、極彩色の大黒天をご奉安する運びとなった。
 午前11時、第1部が開始され、色鮮やかな走り大黒天がお披露目された。続く法要では、本堂内陣護摩壇に「人類救済の御聖火」が真っすぐ立ち昇り、参拝者は篤い祈りに満ちあふれた。
 護摩法要後には「開祖霊諭」が奉読され、導師法話、東北本部宗務局・主任挨拶、いわき地区・推進委員よりの決意表明と続いた。
 第2部は来賓による鏡開きと乾杯で始まり、道場内には祝賀ムードとともに笑顔が広がる中、東北六県の地区代表による祝辞が述べられ、奉納演芸が披露された。最後に、いわき地区推進委員の「六つの合い言葉」後、場内は拍手で沸き、地区信徒一同は今後一層の精進をと、誓いを新たにした。




TITLE:最勝金剛大阿闍梨耶靖雄大覺尊 ご威光顕耀・法恩感謝 秋田地区鎮護・10月御親修例祭お導き誓願成就・秋田大新生祈念 不動明王護摩法要 奉修

Dec.06.2017 News by 東北本部管轄

開祖への法恩感謝とお導き誓願成就を祈念



 9月18日、秋田道場において「最勝金剛大阿闍梨耶雄大覺尊 ご威光顕耀・法恩感謝 秋田地区鎮護・10月御親修例祭お導き誓願成就・秋田大新生祈念不動明王護摩法要」が、阿含宗僧侶を導師として奉修された。本法要は、本年1月の護摩壇奉安釜開き以来、22回目の護摩法要となる。
 今年は弾道ミサイルが男鹿半島沖に落下、また記録的な大雨が農林関係に多額の被害を及ぼし、さらに震度5強の地震が発生、秋田地区は不穏な空気に包まれている。まさに「人類救済の御聖火」に基づく布教で地域を浄化することは、焦眉の急である。そのような折に東北本部で10月度御親修例祭が営まれることから、開祖へ法恩感謝を捧げ、同例祭に向けてのお導き誓願成就と秋田大新生を祈念して、同護摩法要を奉修する運びとなった。
 荘厳な護摩修法後は導師法話に続いて、僧侶と職員を交えての「カフェと法座会」が行われ、人々は気さくに胸の内を語り合った。最後は「六つの合い言葉」を全員で唱和し、誓願成就へ弾みをつけて締めくくられた。




TITLE:北方洋上法要大成功・郷土先人の霊位成仏供養・青森県繁栄祈念 青森土地浄霊護摩法要 奉修

Nov.10.2017 News by 東北本部管轄

郷土先人のご供養と「北方洋上法要」大成功を祈る




 好天に恵まれた6月18日、青森県庁に隣接する青森市長島の「青い森公園」において、阿含宗僧侶を導師として、「北方洋上法要大成功・郷土先人の霊位成仏供養・青森県繁栄祈念 青森土地浄霊護摩法要」が堂内護摩形式で営まれた。同地での土地浄霊護摩法要は今年で2回目となる。
 先の大戦下の1945年7月28日深夜、青森市には約8万3000本もの焼夷弾が降り注ぎ、多くの人々が犠牲となった。青森大空襲である。それらの戦災犠牲者の成仏を祈るとともに、併せて青森の先人のお霊をご供養申し上げて青森県の繁栄を祈念し、さらには「北方洋上法要」大成功へと弾みをつける前哨戦として、本法要を奉修する運びとなった。
 午前11時、護摩法要が開始。修法地に「人類救済の御聖火」が灯され、人々は戦没者と先人のお霊の解脱成仏のため、篤い祈りを捧げた。法要後は導師および青森地区推進委員から挨拶があり、最後は参拝者全員への、導師による特別加持で締めくくられた。



<前のページへ 1 2 3 4 5 ...|12 次のページへ>