TITLE:東日本大震災犠牲者九回忌成仏供養 震災復興・東北大新生祈念 鎮魂の祈り 護摩法要奉修

Jun.14.2019 News by 東北本部管轄

大震災犠牲者供養と復興を祈る浄火が昇る



 3月3日、東北本部において法務部係長・中僧都を導師に、「東日本大震災犠牲者九回忌成仏供養 震災復興・東北大新生祈念 鎮魂の祈り 護摩法要」が奉修された。 
 午前10時30分から愛染明王護摩堂にて「愛染明王御聖火護摩法要」、午前11時30分から本堂で「愛児供養御聖火護摩法要」、午後1時から内陣で「鎮魂の護摩法要」、午後3時からは不動明王護摩堂にて「不動明王護摩法要」と、計4回の護摩法要を営み、九回忌を迎えた東日本大震災犠牲者へ供養を手向け、神仏両界のお力がこもる御聖火に参拝者は皆、復興を祈念した。
 また、2012年に京都・南座で開催された東日本大震災復興支援公演、「日本の祈り」で観覧者たちによって書かれた、被災者を応援する「寄せ書き」が内陣前に掲示され、参拝者は震災犠牲者供養と震災復興への思いを新たにした。
 午後1時50分からは導師から、震災犠牲者への供養についての法話が行われた。東北本部では、今後も震災犠牲者のお霊へ、「人類救済の御聖火」による供養を捧げていく。




TITLE:護摩壇奉安 釜開き護摩法要式典 挙行

Jan.21.2019 News by 東北本部管轄

「人類救済の御聖火」の下、福島大新生を固く誓う



 6月3日、福島道場において「福島道場 護摩壇奉安 釜開き護摩法要式典」が、法務部係長・阿含宗中僧都を導師として営まれた。
 本年は戊辰戦争より150年で、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故からは8年目となる。同県内には福島道場といわき道場があるが、両地区信徒ともに、幕末から現在に至る悪しきカルマを断滅しない限り、真の安穏と復興は実現しない、との思いを胸に抱いている。
 そこで両地区では、開祖のご指導に従い、福島大新生の旗の下、県内全域で照耀行脚を行って「人類救済の御聖火」を灯している。そのような県内全信徒が一丸となる活動の中、福島道場は護摩壇奉安の晴れの日を迎えた。
 午前11時、第1部開始。まず、新調された素戔嗚大神御神殿に「素戔嗚大神 御霊代 遷座奉安の儀」が執り行われた。次いで釜開き護摩法要となり、護摩壇に御聖火が立ち昇り、人々には感動と感謝が満ちあふれた。法要後は導師、職員、同地区推進委員の挨拶と続いた。
 第2部では鏡開き・乾杯、祝辞、奉納演芸と次第は進み、最後は参拝者全員で六つの合言葉を唱和し、御聖火が灯る同道場を法城として、地域浄化と布教伝道へ邁進することを固く誓い合った。




TITLE:戊辰戦争犠牲者成仏供養 会津地域浄化・会津地域繁栄 会津土地浄霊 法力護摩法要 奉修

Nov.26.2018 News by 東北本部管轄

戊辰戦争犠牲者の成仏と地域浄化・地域繁栄を祈る



 4月1日、福島県会津若松市西栄町の会津労働福祉会館3階イベントホールにて、阿含宗僧侶を導師として「戊辰戦争犠牲者成仏供養 会津地域浄化・会津地域繁栄 会津土地浄霊 法力護摩法要」が奉修された。
 本法要は「人類救済の御聖火」を灯す照耀行脚の一環で、福島地区会津では18年ぶり3回目の護摩法要。また同日は会津若松市の「戊辰150周年」記念イベントの初日と重なった。
 明治維新期、新政府側と旧幕府側との間の一連の戦いである「戊辰戦争」で、会津藩は落城まで3カ月にわたる死闘を展開し、双方に多くの犠牲者があったと記録されている。
 正午、法要が始まり「人類救済の御聖火」が灯され、一般参拝者を含む修行者・参拝者は、旧会津藩ならびに戊辰戦争犠牲者の成仏と会津地域浄化・会津地域繁栄を祈った。
 法要後、焼香を終えた参拝者は僧侶よりお守りを手渡された。僧侶と職員を囲んでの反省会も行われ、修行者たちは今後のさらなる飛躍を誓い合った。




TITLE:東日本大震災犠牲者 八回忌成仏供養 震災復興 東北大新生祈念 鎮魂の祈り 護摩法要 奉修

Nov.16.2018 News by 東北本部管轄

被災者応援の寄せ書き掲げ、犠牲者供養と復興を祈る



 3月4日、東北本部において「東日本大震災犠牲者 八回忌成仏供養 震災復興・東北大新生祈念 鎮魂の祈り 護摩法要」が奉修された。
 当日は午前10時30分から愛染明王護摩堂にて「愛染明王御聖火法要」、午前11時30分から本堂にて「愛児供養御聖火法要」、午後1時から「鎮魂の護摩法要」、午後3時から不動明王護摩堂にて「不動明王護摩修法」と、計4回の護摩法要があり、八回忌を迎えた東日本大震災犠牲者へ供養を捧げ、震災復興が祈念された。
 なお、本堂内では2012年に京都・南座で開催された東日本大震災復興支援公演、「日本の祈り」で観覧者たちによって書かれた、被災者を応援する「寄せ書き」が内陣前に掲示され、参拝者は震災犠牲者供養と震災復興への思いを再認識した。
 また、午後1時50分からは法務部の阿含宗僧侶らから、震災犠牲者への供養についての法話があった。東北本部では、今後も震災犠牲者のお霊へ、「人類救済の御聖火」による供養を捧げていく。



TITLE:山形道場 金胎両部曼荼羅 御奉安式典 護摩法要 挙行

Apr.11.2018 News by 東北本部管轄

両部曼荼羅を内陣に迎え、人類救済へと邁進



 1月8日、山形道場において「山形道場 金胎両部曼荼羅 御奉安式典 護摩法要」が執り行われた。
 昨年1月、「南東北鎮護倶利伽羅龍神赤不動明王」を迎えた折、「開祖霊諭」で「お護摩によって人類救済の御聖火を灯し、郷土に眠る未だ救われぬお霊をあまねくご供養し、一人一人の幸せ、一軒一軒の家庭の安穏、郷土の繁栄を実現していくことを固く固く決心し、子々孫々までみんなが幸せであるよう、人類救済の御聖火を、山形そして南東北の隅々にまで弘めていくことである」とのお諭しをいただき、決起した同地区信徒たちは、毎月3回の護摩法要を営んできた。さらには護摩壇奉安道場にふさわしい内陣の荘厳をと考え、金胎両部曼荼羅招来に向けて精進を重ね、晴れて奉安の日を迎えたのである。
 午前11時、第1部が開始。護摩法要に先立って除幕式が行われ、待望の金胎両部曼荼羅が参拝者一同にお披露目された。続いて、護摩法要が厳かに奉修され、「人類救済の御聖火」は金色に輝いて燃え上がった。



 法要後は導師および宗務局職員の挨拶ののち、来賓祝辞、地区代表の御礼と決意表明があり、祝典の第2部へ。鏡開き、山形道場聲明衆による聲明「凖胝観音経」の奉納があり、参拝者全員で「六つの合い言葉」を唱和し、式典は締めくくられた。


<前のページへ 1 2 3 4 ...|12 次のページへ>