TITLE:青森道場 凖胝観世音大菩薩ご奉安 誓願成就 決起大会 念力之護摩法要 奉修

Sep.28.2020 News by 東北本部管轄

凖胝尊とのご縁をつなぎ、青森の全ての人を須陀洹へ



 7月12日、青森道場にて「青森道場 凖胝観世音大菩薩ご奉安誓願成就 決起大会 念力之護摩法要」が、宗務局主任・少僧都を導師に奉修された。
 本年4月、内閣府より北海道から岩手県の太平洋側にある、千島海溝・日本海溝沖での巨大地震発生時の震度分布、津波の高さが発表された。同地区では、その被害の大きさを鑑み、東北・北海道の国土安穏と地震津波安全をはじめ、新型ウイルス早期終息、国土因縁解脱、「青森古いにしえの始めの民」の成仏を祈念し、本法要奉修の運びとなった。
 午前11時、法要開始。地区信徒は神々しい御聖火に一心に祈りを込めた。法要後の導師法話では、1985年11月に賜った「管長メッセージ」の、「青森は本土最北の地、いまだ因習ふかく、阿含の教法宣布にも何かと抵抗反発も多いと思われる。それだけに尚一層、仏陀直説の救いが説かれねばならない」とのお言葉と凖胝観世音大菩薩ご奉安の意義について、指導が行われた。
 最後に推進委員から誓願成就決意表明があり、信徒一同、誓いを新たにした。





TITLE:阿含宗岩手道場護摩壇奉安 釜開き護摩法要 奉修

Jan.09.2020 News by 東北本部管轄

正法宣布に燃える岩手地区地域浄化へさらに邁進



 9月22日、岩手道場にて、「阿含宗岩手道場 護摩壇奉安 釜開き護摩法要」が法務部副主任・少僧都を導師に迎え、2部構成で奉修された。同地区では、2018年5月より護摩壇奉安を目指して活動を開始。このたび、めでたく奉安の日を迎えることとなった。
 岩手県では、この地域が陸奥と呼ばれていた時代から、大和朝廷軍によるエミシ征伐など幾度もの戦乱が起こり、また自然災害も発生し、先般の東日本大震災のような地震津波が度々起こって多くの命が失われている。殊に藩政時代に起きた飢餓は、南部四大飢餓と呼ばれるほどの規模で、数え切れないほどの犠牲者を出している。
 そうした歴史の上に立って、1988年の岩手道場開設の折、開祖から、「郷土を救う諸君の任務はこの上なく重い。諸君の健闘を心から祈る」と、励ましのメッセージを賜っている。
 さらに、9月8日の「幕末維新大柴燈護摩供」によって、古(いにしえ)の始(はじめ)の民、エミシのご供養と古の始めの神々御神徳高揚が祈願された今、岩手の地に御聖火を灯す護摩壇が奉安されたことは、誠に時宜にかなったものと言える。
 午前11時より第1部の護摩壇奉安 釜開き護摩法要が開始された。法要後は導師挨拶、宗務局挨拶、岩手道場推進委員よりの御礼の言葉で終了。
 第2部は、鏡開き、乾杯、地区代表の祝辞、奉納演芸が披露された。最後は、参拝者全員で「六つの合い言葉」を唱和し、式典は滞りなく結ばれた。





TITLE:阿含宗東北本部 開祖眞身舎利御奉安 感謝の護摩法要 奉修

Dec.31.2019 News by 東北本部管轄

聖師のお導きに感謝を捧ぐ



 9月10日、東北本部において阿含宗本山法務管長・中僧正を導師に、8日厳修の「幕末維新大柴燈護摩供」が無魔成満を迎えたことを開祖と神仏へ感謝申し上げる、「阿含宗東北本部 開祖眞身舎利御奉安 感謝の護摩法要」が営まれた。「幕末維新大柴燈護摩供」でお力を振るわれた開祖眞身舎利は、9日に東北本部へご移動になり、多くの東北信徒が迎える中、内陣へご降臨なされた。
 翌日午後2時、導師が入堂されて法要開始。参拝者は8日の大柴燈護摩供が大成功を収めて、信徒一同が聖者への道を歩めることに感謝を捧げた。
 法要後は「阿含宗 開祖眞身舎利 奉送式」が執り行われ、東北本部・大柴燈護摩供実行委員長の御礼に続いて、阿含宗本庁理事長・中僧正よりご挨拶があり、その中で「開祖霊諭」をご発表なされた。
 その後、開祖眞身舎利は、参拝者に盛大な拍手で見送られながら、京都・本山への帰途に着かれた。





TITLE:東日本大震災犠牲者成仏供養 震災復興 東北大新生の祈り 神仏両界 東北土地浄霊護摩法要 奉修

Aug.27.2019 News by 東北本部管轄

震災復興と東北大新生を明るく、力勁く祈る



 5月12日、福島県南相馬市・雲雀ヶ原祭場地において、「東日本大震災犠牲者成仏供養 震災復興 東北大新生の祈り 神仏両界 東北土地浄霊護摩法要」が法務部副主任・少僧都を導師に奉修され、本年9月奉修の「幕末維新大柴燈護摩供」の大成功も祈念された。
 同法要地では2014年10月5日、開祖を大導師として「東日本大震災犠牲者成仏供養・震災復興・国土安穏祈念 神仏両界 福島大柴燈護摩供」が奉修された。以来、被災地では2015年3月の常磐自動車道の全線開通を皮切りに、同5月には仙台市と石巻市を結ぶJR仙石線の全線が運行を再開し、2016年12月にはJR常磐線の相馬駅から宮城県の浜吉田駅間が開通した。そして、震災から5年9カ月ぶりに相馬地方と仙台市が鉄道で結ばれた。
 午前11時、本陣山から山伏行列が出発。一行が入壇し、護身法、願文と続き、開祖のご親修以来となる神仏両界護摩壇へ点火。「開祖霊諭」 が奉読された。
 法要後、「身心健全・災難消滅祈願の特別加持」が参拝者全員に施された。東北地区信徒は震災復興・東北大新生を祈念し、復興の歩みを続ける。





TITLE:東日本大震災犠牲者九回忌成仏供養 震災復興・東北大新生祈念 鎮魂の祈り 護摩法要奉修

Jun.14.2019 News by 東北本部管轄

大震災犠牲者供養と復興を祈る浄火が昇る



 3月3日、東北本部において法務部係長・中僧都を導師に、「東日本大震災犠牲者九回忌成仏供養 震災復興・東北大新生祈念 鎮魂の祈り 護摩法要」が奉修された。 
 午前10時30分から愛染明王護摩堂にて「愛染明王御聖火護摩法要」、午前11時30分から本堂で「愛児供養御聖火護摩法要」、午後1時から内陣で「鎮魂の護摩法要」、午後3時からは不動明王護摩堂にて「不動明王護摩法要」と、計4回の護摩法要を営み、九回忌を迎えた東日本大震災犠牲者へ供養を手向け、神仏両界のお力がこもる御聖火に参拝者は皆、復興を祈念した。
 また、2012年に京都・南座で開催された東日本大震災復興支援公演、「日本の祈り」で観覧者たちによって書かれた、被災者を応援する「寄せ書き」が内陣前に掲示され、参拝者は震災犠牲者供養と震災復興への思いを新たにした。
 午後1時50分からは導師から、震災犠牲者への供養についての法話が行われた。東北本部では、今後も震災犠牲者のお霊へ、「人類救済の御聖火」による供養を捧げていく。




1 2 3 ...|12 次のページへ>