TITLE:熊野速玉大社・摂社神倉神社 照耀行脚 奉修

Jan.21.2020 News by 関西総本部管轄

神仏習合の聖地、熊野・神倉神社で日本新生の祈り



 9月26日、和歌山県新宮市の熊野速玉大社・摂社神倉神社(以下、神倉神社)御神域にて、法務部主任・少僧都を導師に「熊野速玉大社・摂社神倉神社 照耀行脚」が奉修された。
 神倉神社は熊野大神が、熊野三山として祀られる以前に、最初に降臨された聖地とされている。神武東征神話にも登場する天ノ磐盾の上に鎮座し、自然石の石段を登った先に御神体のゴトビキ岩と拝殿がある。
 和歌山地区は2015年に熊野速玉大社境内・神宝殿隣接地にて柴燈護摩法要を奉修、また本年5月には熊野本宮大社旧社地・大齋原浄地にて照耀行脚を行うなど、熊野三山とのご縁を深めている。



 法要当日午前10時半、導師以下修行者全員で石段を登り、拝殿前にて神徳高揚を祈願する勤行会を行い、午後1時、参道麓の御神域に結界を張り、熊野速玉大社権禰宜による御神事、玉串奉奠を斎行。その後、法要となり、「人類救済の御聖火」が燃え上がり無魔行満となった。
 法要後の挨拶で導師は、「阿含宗は『幕末維新大柴燈護摩供』にて全ての神々の神徳高揚、世界平和、日本新生を祈願しましたが、国開きにいわれの深い神倉神社での本法要は、神々のお力をさらに増す意義深いものです」と話した。地区信徒一同は古来よりよみがえりの聖地とあがめられ、世界遺産の地である熊野から上がった聖火が世界平和実現の祈りに通じると確信し、今後の精進を誓い合った。





各道場ブログはこちら
各本部・支部・道場はこちら
カテゴリー
アーカイブ
阿含の初護摩 阿含の星まつり 万燈先祖供養