TITLE:丹後半島横断 鉄路法力護摩法要 奉修

Mar.11.2019 News by 関西総本部管轄

鉄道車両にて初の照耀行脚



 9月2日、京都地区は京都丹後鉄道の車両内にて、京都地区推進委員・少教範を導師とする、「丹後半島横断 鉄路法力護摩法要」を奉修した。
 丹後半島のつけ根に位置する与謝野町では土石流や洪水による被害が多発し、若狭湾に注ぐ由良川は洪水のため多くの命が奪われている。また丹後地域は軍事的に利用価値の高い希少金属が多く採掘されたため、舞鶴港の軍事化の一因となった。戦後は鉱山の大半が閉山し、鉱山街は廃墟と化している。
 これらの鉱山は山間部に点在しており、法要を行うことが困難である。そこで同地域を横断する京都丹後鉄道を貸し切り、沿線地域の霊的浄化・地域繁栄を祈念する照耀行脚奉修の運びとなった。
 当日は一両編成の車両に34人が乗車し、11時44分に西舞鶴駅を出発。途中駅では停車時間を利用して、地鎮屋敷浄霊法力護摩法を車内で奉修。その後、修行者が交代で洒水加持と祈願勤行を全線にわたり行った。
 照耀行脚の行は、修行者はもとより、関係者との信頼関係が大切だが、同地区信徒らは阿含宗の理念を粘り強く説き、理解を得、地域の霊的浄化・安穏につなげ、仏舎利供養を広めたいとしている。




1
各道場ブログはこちら
各本部・支部・道場はこちら
カテゴリー
アーカイブ
阿含の初護摩 阿含の星まつり 万燈先祖供養