TITLE:岡山地区霊性開顕 神仏両界守護護摩法要 奉修

May.12.2015 News by 関西総本部管轄

初の同時中継が団結を呼ぶ



 3月15日、岡山道場にて、阿含宗僧侶を導師に「岡山地区霊性開顕 神仏両界守護護摩法要」が奉修された。
 本法要では同地区初の試みとして岡山道場と県北部の津山ブロックをインターネット回線でつないで中継を実施した。津山ブロックでは修行者が呼びかけ合って一般の方をお連れし、同時中継に大きな期待を寄せた。
 結果、岡山道場、津山ブロック会場の美作教育会館に多くの人が集い、心を一つにしてお護摩に付座した。
 法要後の心身健全・邪気払いの特別加持では、津山会場の参拝者もテレビ画面を通じて阿含宗僧侶から一人一人、特別加持を受けた。津山の参加者からは、「護摩法要中、炎が綺麗に映り黄金に輝いていて感動した」「僧侶が法話の中で津山に呼びかけ、一人一人に加持をしてくださり一体感が持てた」などの声が寄せられた。
 本法要は過疎地で活動している修行者の布教とお世話の後押しとなり、ブロック所属信徒の一致団結にもつながる有意義な行事となった。


1
各道場ブログはこちら
各本部・支部・道場はこちら
カテゴリー
アーカイブ
阿含の初護摩 阿含の星まつり 万燈先祖供養