TITLE:高知道場多宝塔御奉安1周年記念護摩法要 奉修

Nov.29.2015 News by 関西総本部管轄

応供の如来のみもとで大聖業に邁進



 9月6日、高知道場にて「高知道場多宝塔御奉安1周年記念護摩法要」が、阿含宗僧侶を導師として奉修された。同地区は2010年より多宝塔の奉安を目標に精進し、昨年「三身即一応供の如來多宝塔」を奉安、このたび1周年記念のお護摩が焚かれ、一般人を含む多くの人々が集った。
 午後1時30分、護摩法要開始。お護摩の炎に照り映えてまばゆいばかりに輝く多宝塔に、参拝者は1年間のご守護に対して報恩感謝の気持ちを手向け、本堂内は篤い祈りに満ちた。
 法要後、導師からは阪神・淡路大震災の直後に被災地を回ったお話や、応供の如来についての法話があり、導師自身の体験を踏まえた内容に、一般の方からも感銘を受けたとの声が聞かれた。さらに僧侶と一般の方が身近に触れ合う場として茶話会が持たれ、相談しやすい雰囲気もあって好評となった。
 同地区信徒からは、生ける如来のみもとで三福道を実践して、無限の仏徳を賜り、それを糧に「沖縄大柴燈護摩供」に向けた修行に邁進したいなど、一層の精進を誓う声が上がった。


TITLE:祈 管長猊下大聖業成就 不動愛染二大明王 神仏両界守護感謝護摩法要 奉修

Nov.29.2015 News by 関西総本部管轄

「沖縄大柴燈護摩供」に向け、戦支度の聖火上がる



 9月6日、岡山道場において、本年3回目、通算では15回目となる「祈 管長猊下大聖業成就不動愛染二大明王神仏両界守護感謝護摩法要」が阿含宗副主任を導師として奉修された。
本法要は岡山県北部の津山ブロック会場となった「津山商工会議所」と同道場をインターネットで結んで開催され、両会場合わせて多くの参拝者が祈りを捧げた。
本法要のテーマは日々ご守護くださっている不動明王、愛染明王、素戔嗚命に感謝申し上げるとともに、「沖縄大柴燈護摩供」の大成功を祈願すること。
 ブータン堂落慶を背景とする霊力と、神界秘法神力勾玉秘密伝授による神力が加わったお護摩は、阿含宗の法力、霊力、神力が以前にも増して強大になっていることが体感できる、力強い法要となった。
 同地区信徒らは、破滅のカルマとの最終決戦である「沖縄大柴燈護摩供」に向けて、二大明王と素戔嗚命の強力な後押しをいただいて、護摩木・開催基金勧進をはじめとする積徳行に邁進し、戦支度を整えて本戦を戦おうと決意した。


TITLE:第7回 法力之護摩 行願成就護摩法要 奉修

Nov.29.2015 News by 関西総本部管轄

最終決戦に向けて、祈りの結集を誓う



  9月6日、沖縄道場において阿含宗僧侶を導師に「第7回 法力之護摩 行願成就護摩法要」が奉修された。
 沖縄地区では毎月開催の「法力之護摩法要」に一般の方をお連れする「行願」を立て、その達成を目指して積極的にお声掛けを実践。
 午後2時16分から護摩法要が始まり、その後一般来場者は3階に設けられた「閑談庵(かんだんあん)」という和風の空間で、僧侶のお話を聞き、写経体験を行った後、お茶席が開かれてくつろぎの時間を過ごした。
 一方、信徒は本堂で行願成就体験談を聞き、同道場世話役より、30年前の沖縄講演会、管長猊下が同道場にご来堂された際のお話などの修行体験を聞き、修行に対する真摯な思いを地区信徒一同で共有した。参拝者からは大柴燈護摩供に向けて「あの人にお声かけしておけばよかったという後悔はしたくない」「管長猊下に対して私たちの覚悟が足りなかった」などの声が寄せられ、悪しきカルマを断つ祈りの結集を誓った。

1
各道場ブログはこちら
各本部・支部・道場はこちら
カテゴリー
アーカイブ
阿含の初護摩 阿含の星まつり 万燈先祖供養