TITLE:第8回 阿含宗沖縄道場 慈母観音守護 愛児供養 護摩法要 奉修

Jul.31.2014 News by 関西総本部管轄

慈母の愛で心一つに



 6月8日、阿含宗沖縄道場にて阿含宗僧侶を導師に迎えて「阿含宗沖縄道場 慈母観音守護 愛児供養 護摩法要」が奉修された。 
昨年同様、琉球新報・沖縄タイムズに広告を掲載した結果、数組の一般の方が来場。リピーターを含め昨年より多い一般参拝者が参拝し、
信徒を合わせ多くの人が尊い阿含の浄火を拝した。また阿含宗滋賀道場のご好意により、同道場奉安の慈母観音像を内陣に安置しての法要となった。
 午後1時30分、阿含宗僧侶より護摩法要の意義が説かれ、続いて「交声曲慈母観音賛歌」にて参拝者の菩提心を呼び起こして法要開始。
勢いのある浄火を拝し、一般を含むすべての参拝者は、阿含のお護摩の素晴らしさを理屈ではなく肌で感じていた。
 法要後の阿含宗導師法話では「死後苦しんでいるお霊を本当に救えるのは成仏法を持つ阿含宗だけである」と、ご法の尊さが分かりやすく説かれ、一般の方々には一印明の授与があった。
 最後には沖縄の有名な子守歌「童わらび神がみ」を信徒の合唱隊と参拝者が全員で歌い、道場全体の心が一つとなる法要となった。


TITLE:徳島新道場建立・良縁成就祈願 愛染明王御聖火法要 奉修

Jul.16.2014 News by 関西総本部管轄

初御聖火法要に感謝の声



 5月18日、徳島連絡所にて、「徳島新道場建立・良縁成就祈願 愛染明王御聖火法要」が僧侶を導師に奉修された。 
同地区初となる御聖火法要を奉修するにあたり、一般への声かけやお連れ修行に力を入れた結果、一般を含む多くの人が参拝し、本堂はいっぱいとなった。 
午後1時30分、法要開始。参拝者は御聖火の炎を通して仏さまに祈りの心を手向けた。 法要後、一般参拝者から「こんな法要をするなんて思っていませんでした。ありがとうございます。またぜひ来たい」「お坊さんのお話が分かりやすくて良いことを聞けた」等、感謝とお礼の電話があった。



TITLE:家内安全・家運隆盛・災難消滅祈願護摩法要 奉修

Jul.13.2014 News by 関西総本部管轄

町中のパワースポットでお護摩ミラクル満喫



 5月18日、高槻道場にて僧侶を導師に「家内安全・家運隆盛・災難消滅祈願護摩法要」が奉修された。 同地区6回目となる護摩法要は第19回「阿含祈りの会」として開催され、一般の方を含む多くの人が参集して心からの祈りを捧げた。 当日午後1時、高槻地区相談役によって、宝剣作法が奉納され、次いで、より護摩法要に思いを投じていただくため、財務局長が4月度例祭にて発表された念力の護摩体験談をビデオにて拝聴した。
 次に入堂太鼓の音で導師入堂。参拝者は導師とともにお護摩を焚く意識で心を一つにし、荘厳なるお護摩の炎は菩提心に呼応して高く燃え上がった。
 法要後は、導師の僧侶の法話と先達の挨拶があり、最後は宝剣特別加持で締めくくられた。 同地区信徒らは、今回の護摩法要を通じて自らが間近に浄火を拝し、運命を転換し願望成就を祈願できる、町中の格別のパワースポットとしてのこの「ミラクルの場」を人々に知らせる使命を強く意識した。


TITLE:凖胝尊念力之護摩堂 凖胝護摩講護摩法要 奉修

Jul.11.2014 News by 関西総本部管轄

生きた神仏に会える



 5月18日の凖胝護摩講縁日に、凖胝尊念力之護摩堂にて凖胝尊特別護摩木をお焚き上げし、参拝者の因縁解脱、諸願成就を祈念する「凖胝護摩講護摩法要」が奉修された。
 法要当日、午後1時30分、入堂太鼓の音とともに少僧正がご入堂。護摩堂に鎮座された凖胝観世音大菩薩と管長猊下念力之護摩の証したる「現形大龍神」を祀ってのお護摩は、霊力と法力に満ち、200人を超える参拝者は、尊い浄火に一心に手を合わせた。
 法要後には少僧正から凖胝護摩講御本尊の貸与があり、一般の方には「凖胝如来一印明」が授与された。さらにはご法話の最後に七宝輪寶加持も行われた。



 ロビーや本堂では、無料のお茶席や瞑想体験、密教占星術による相談、開運おみくじなどの各コーナーが人気を呼び、安らぎの空間と華やいだ雰囲気で参拝者をもてなし、笑顔でくつろぐ姿が多く見られた。 また、凖胝護摩講のこれからの活動を天も祝福するかのように、関西総本部の真上に日暈と彩雲が現れるなど、幸先の良いスタートとなった。
今後は毎月18日に護摩法要を営んでいく。



TITLE:中山神社 春季大祭に法儀 奉納

Jul.09.2014 News by 関西総本部管轄

中山忠光卿の神前に法儀を奉納



 5月11日、山口県下関市にある中山神社にて営まれた、同神社の年間最大行事である春季大祭に阿含宗が参加。今年で18回目となる法儀奉納を行った。
 当日は晴天に恵まれ、境内は例年のごとく大勢の参拝者でにぎわい、ご祭神・中山忠光卿の168年目のご生誕を祝うにふさわしい大祭となった。
 午前11時、厳粛な雰囲気の中、少僧正をはじめ、僧侶と山口地区信徒7人からなる山伏一行は、社殿前に奉安されたさざれ石の前でお祓いを受けて拝殿へと進んだ。 本殿に向かって左側に神職、右側に阿含宗山伏一行が相並び、後列に50数人の氏子一同が整列し、神事が斎行、次第は進み、御神殿に奉安された三辮宝珠御宝塔の前で阿含宗の法儀が開始され、護身法、洒水加持と続き、宝剣作法の法儀が奉納された。
 少僧正が渾身の気合いとともに宝剣を振るわれると、周囲の空気は一変し、続く『阿含経』の読経中には散華が放たれ、そのまばゆい光が境内に降り注いだ。
 回を重ねるたびに神威増すご祭神、そのご神域は清らかな雰囲気に満たされた。



各道場ブログはこちら
各本部・支部・道場はこちら
カテゴリー
アーカイブ
阿含の初護摩 阿含の星まつり 万燈先祖供養