TITLE:最勝金剛仏母凖胝観世音大菩薩・金胎両部曼荼羅 御奉安護摩法要式典 開催

Jan.17.2020 News by 関西総本部管轄

凖胝尊の下、修行は次の段階へ



 10月20日、香川地区にて「最勝金剛仏母凖胝観世音大菩薩・金胎両部曼荼羅 御奉安護摩法要式典」が、法務部課長補佐・少僧正を導師として2部形式で開催された。
 香川地区は因縁解脱と地区飛躍の原動力として、凖胝観世音大菩薩および金胎両部曼荼羅ご招来の誓願を立て、活動を行ってきた。開設30周年の節目を迎えた本年、地区信徒一同が仲良く協力して、「照耀行脚」などの積徳行に精進し、晴れて同法要奉修の運びとなった。
 午前11時、第1部が開始。凖胝観世音大菩薩と金胎両部曼荼羅のお披露目に続いて、導師による「凖胝観音経納経の儀」が行われた。さぬきオリーブオカリナ隊による「凖胝観音経」演奏後、阿含宗彌榮神授雅楽部が雅楽「豊栄の舞」を、YAN修験太鼓は「火典」を奉納し、護摩法要となった。
 法要後の第2部では「開祖霊諭」が披露され、開祖は、「来月には、私の霊光と諸君に授けた霊光を直結させる特別な瞑想法の伝法を行う予定である。これにより、阿含宗は第二段階のより高度の修行に入る。(中略)香川地区も凖胝観世音菩薩をお迎えして、新しい第二段階の地区を創ってゆく時期にきている。ぜひ、力を合わせて頑張ってほしい」と激励された。
 鏡開きと「凖胝尊七宝輪寶加持」もあり、地区信徒は凖胝観音と一体となり、第二段階の地区創生、新たな修行へ邁進する。





TITLE:三身即一 釈迦山聖如意輪観自在菩薩 御奉安護摩法要式典 奉修

Jan.14.2020 News by 関西総本部管轄

如意輪観音となって衆生を救え



 9月22日、南大阪道場にて法務部係長・中僧都を導師として「三身即一 釈迦山聖如意輪観自在菩薩 御奉安護摩法要式典」が2部構成で開催された。
 同道場に2002年に「聖如意輪観自在菩薩」が奉安されたが、2016年の護摩壇奉安の後、櫻井覺山仏師の手によって新生造仏されることになり、このたび3年の歳月を経て釈迦如来、凖胝如来、聖如意輪観自在菩薩の三身の仏徳を一身に顕現され、完全仏教のお力を持つお姿となった。またご尊体には、以前に祀られていた「聖如意輪観自在菩薩」の一部が、胎内仏として奉籠されている。
 同道場では新道場建立を誓願として如意輪法輪番修行二千日を満願するなど「われ、聖師とともにあり」の思いを胸に精進努力し、本日晴れの式典を迎えた。
 午前11時、開会の辞に続いて、「三身即一 釈迦山聖如意輪観自在菩薩」のお披露目後、阿含宗彌榮神授雅楽部により雅楽「豊栄の舞」が、YAN修験太鼓により「火典」が奉納され、護摩法要となった。



 法要後の第2部で披露された「開祖霊諭」では、同尊について 「真正仏舎利尊の変化身であり、自ら功徳を積み、六道輪廻して苦しむ衆生を助けることを誓願とされている」と明かされ、さらに開祖は、修行者一人一人が聖如意輪観自在菩薩と変化して功徳を積むように促され、「心新たにして、利他の行、自利の行の決意を持って修行するように」と地区信徒を激励された。
 その後、導師および仏師挨拶、鏡開き、如意宝珠蓮華護摩講入講者に御尊像授与、特別加持があり、同地区信徒一同は利他の行、自利の行に邁進する決意を開祖への感謝とともに誓った。





TITLE:護摩壇奉安釜開き護摩法要式典 開催

Jan.09.2020 News by 関西総本部管轄

神々と諸仏のみもとで、新たな日本の国開きを



 9月15日、島根連絡所にて法務部課長補佐・少僧正を導師に、「護摩壇奉安 釜開き護摩法要式典」が開催された。
 当地では国譲りと言われる、天津神と国津神の争いがあったとされる。地区信徒たちは古の始めの民と古の始めの神に関わる悪しきカルマを断つべく、「幕末維新大柴燈護摩供」に向けての活動を行い、県内各地で照耀行脚を重ね、護摩壇奉安の誓願を達成し、晴れて釜開き護摩法要の日を迎えた。
 当日午前11時、開会の辞に続いて、1992年に同連絡所に速隼雄命御神霊が奉安された際の、関東別院における開祖ご指導が上映され、次に「開祖霊諭」が披露された。開祖は御霊諭で、「本日は、神界の天津神、国津神の神々もこの護摩壇に付座されている。それをつよく念じて護摩を修すること、そして祈念することが大切である。そして、その無限の功徳をいただくように。
 よく心に銘じなさい。神力は無限なのだ」と信徒たちを諭された。
 次に「人類救済の御聖火 内陣奉安の儀」が行われ、待望の護摩法要が開始。奉安なった護摩壇から立ち昇る浄火に、参拝者は一心に手を合わせた。
 法要後は、来賓祝辞、鏡開き、福徳宝生特別加持が行われ、少僧正によるご指導会も本堂いっぱいの人で埋まった。同地区信徒一同は、日本の建国、神界との関わりの深い島根にて、新たな日本の国開きを実現し、神威を遍照させ、第一、第二の仏陀の御霊光を遍満させるべく邁進する。





TITLE:薬師護摩講縁日 三周年大祭・薬師如来様御厨子御奉安護摩法要式典 開催

Jan.08.2020 News by 関西総本部管轄

御厨子奉安、威光増す薬師如来が世を救う



 9月12日、奈良道場にて「薬師護摩講縁日 三周年大祭・薬師如来様御厨子御奉安護摩法要式典」が法務部・律師を導師として開催された。
 奈良地区は、2015年に三身即一薬師如来を奉安。2016年9月12日に薬師護摩講を開講して以来、毎月12日を薬師護摩講縁日として護摩法要を奉修している。同地区では同尊の御厨子奉安の誓願を立て、それを達成。本大祭は同護摩講開講から3年目の、記念すべき式典となった。
 午後1時30分、式典は御厨子の除幕式で始まり、導師が御厨子を開帳すると威光倍増なった薬師如来が現れ、満堂の本堂からは拍手が鳴り響いた。次に「薬師如来様御厨子基金御芳名用紙奉安式」が行われ、護摩法要では、参拝者全員が薬師如来の御前に進み出て堂内参拝が行われた。



 次第は進み、光和食品・次長による健康講座「癌予防と生活習慣における心癖」、薬師護摩講の本尊授与式、薬師護摩講の体験談発表、導師法話、奈良地区仏徳讃嘆聲明会による「吉慶梵語」奉納があった。
 同地区運営委員は、「薬師如来は御厨子の奉安によって、格上の如来となり、この道場の格も上がった。みんなが薬師如来に心を寄せて誓願が達成される様を見て、今後も如来さまの手足となり心を一つに精進したい」と感謝と決意の言葉を述べた。
 式典の最後は、薬師如来に見守られつつ「心身健全特別加持」が導師より施法され、同大祭は神仏と開祖への法恩感謝に満ちた。





TITLE:阿含宗鳥取新道場上棟式典 完全仏教秘法護摩法要 奉修

Sep.27.2019 News by 関西総本部管轄

山陰に完全仏教法城建立、その準備が整う



 8月4日、鳥取市の鳥取新道場建立予定地において「阿含宗鳥取新道場上棟式典 完全仏教秘法護摩法要」が奉修された。
 鳥取地区では2009年に新道場建立を発願。以来何度も建立に向けた積徳の誓願を掲げ、成仏法を山陰の地に確立させるため、精進を重ねてきた。そしてついに新道場建立地が決定し、本年4月にブータン仏教の霊力を込めた鎮め物と玉を埋める地鎮祭を挙行。そしてこの日、上棟式の佳き日を迎えた。
 多くの来賓や地区信徒らが集う中、午前11時、法務部課長補佐・少僧正が入堂、「完全仏教秘法護摩法要」が奉修された。本法要によって新道場建立地は、完全仏教の法力を発揮することのできる、山陰の新たな法城となる準備を終えた。
 法要後は導師と来賓、鳥取地区信徒らによる「棟札上棟・曳き綱の儀」が執り行われ、引き上げられた棟札が取り付けられると、大きな拍手が湧き起こった。導師挨拶、来賓祝辞の後に鏡開きと乾杯が行われ、締めくくりとして、鳥取地区を代表して教宣部・中先達からお礼と決意が述べられた。会場は新道場落成がいよいよ間近となった喜びで満ち、地区信徒一同はその日に思いを馳せた。





<前のページへ 1 2 3 4 5 ...|51 次のページへ>
各道場ブログはこちら
各本部・支部・道場はこちら
カテゴリー
アーカイブ
阿含の初護摩 阿含の星まつり 万燈先祖供養