TITLE:北海道戦没者成仏供養 神仏両界護摩法要 奉修

Jan.19.2020 News by 北海道本部管轄

北海道戦没者へ御聖火で感謝と供養を捧ぐ



 10月22日、北海道旭川市の北海道護國神社隣接の「北海道戦没者慰霊碑」前にて、法務部主任・権中僧都を導師に、「北海道戦没者成仏供養 神仏両界護摩法要」が奉修された。
 2009年10月、開祖がソロモン諸島のガダルカナル島において、同島で散華された護國ノ御英霊をご供養する「ガダルカナル大柴燈護摩供」を厳修されてから、本年で10年となる。同島の戦いで最初に出兵したのは、旭川市の第七師団歩兵第二十八聯隊を中心とした、一木清直大佐率いる2300人の支隊。
 本法要では、飢えや疫病に苦しみながら米海兵隊2万人と戦い、多数の戦死者を出した一木支隊への追善供養を捧げるとともに、太平洋戦争における北海道内の戦没者7400人の遺骨や霊位を埋葬する「北海道戦没者慰霊碑」前で、「人類救済の御聖火」を灯し、心からのご供養を捧げることとなった。
 午前11時20分、まずは北海道護國神社にて阿含宗一行が昇殿参拝。続いて同神社境内にある「一木支隊鎮魂碑」前にて、午後0時より「一木支隊供養法要」が営まれた。


 午後0時30分、さらに場所を「北海道戦没者慰霊碑」前に移し、参拝者は法要に先立って国歌を斉唱。その後、入堂太鼓とともに導師が入堂し、御聖火を灯す護摩法要が開始された。一木支隊をはじめ、この地に眠る護國ノ御英霊へ、参拝者は感謝と供養を捧げ、世界平和と日本、そして郷土の安穏繁栄を祈念した。
 導師と信徒代表の挨拶、参拝者による焼香で法要は無事成満。地区信徒一同は郷土である旭川および北海道安穏繁栄のため、まだ供養の届かぬお霊を御聖火の灯りで照らしていく。