TITLE:阿含のお護摩 道南鎮護火炎龍神不動明王護摩法要と法話 奉修

Mar.07.2015 News by 北海道本部管轄

不動明王・大黒天、両尊に新春の祈り



 1月12日、函館道場で阿含宗僧侶を導師に、「阿含のお護摩 道南鎮護火炎龍神不動明王護摩法要と法話」が奉修された。
 同法要は、走り大黒天御奉安12周年・道南鎮護火炎龍神不動明王御奉安1周年記念のお護摩で、奇しくも両尊の奉安が1月12日と同日であり、それを記念して、同地区では本年初となる護摩法要で両尊を供養。
しかも布教活動をベースにした活動となり、新入行者や一般を含む大勢の人が参拝した。
 午後1時30分、護摩修法開始。修法中、「導師修法特別護摩木」の1本1本に導師が九字を切り、また護摩木勧進行等に専心した参拝者には、導師による特別加持が施された。
 法要後は神力如意護摩木による体験談が発表され、その後、新入行者への仏舎利宝珠尊御宝塔授与式、導師法話、阿含宗僧侶による走り大黒天財運如意福運招来加持と続いた。
 参拝者からは「お護摩を通じて家族の絆が一層強くなり感謝しています」などの感想が聞かれ、感謝に満ち、感動にあふれた法要となった。