TITLE:神仏現形 阿含のお護摩 奉修

Jun.11.2019 News by 北海道本部管轄

日本、北海道の悪業断滅目指し、「星まつり」大成功を誓う



 2月2・3日の両日、北海道本部にて「神仏現形 阿含のお護摩」が奉修され、両日で一般を含む561人の参拝者が北海道本部へ集った。なお、3日の模様は旭川・函館・釧路・帯広の各道場にも中継され、102人が参拝した。
 2日は正午から凖胝尊護摩堂で護摩導師による「凖胝尊神仏両界解脱宝生護摩修法」が、午後2時からは本堂にて、宗務局課長・権少僧都を導師に、北海道安穏繁栄・運気増強・災難消滅を祈念する「北海道鎮護不動明王護摩修法と法話」が営まれた。
 また、3日は正午から凖胝尊護摩堂で、護摩導師による「凖胝尊神仏両界解脱宝生護摩修法」が、午後1時30分から本堂にて、権少僧都を導師に、「星まつり節分走り大黒天縁起護摩修法と法話」が営まれた。
 両日とも修法終了後には、直前に迫った「星まつり」へ向けた護摩木のお勧め、法務部・大律師からは「星まつり護摩札」の解説があった。
 続いて権少僧都による法話となり、日本の国難、そして北海道に関わる悪業を断ち切るためには、より多くの祈りを集めることが肝要であり、幕末維新の業カルマを断つ護摩法要の前哨戦である「第46回 阿含の星まつり」に向け、護摩木勧進に精進しようとの呼びかけに、参拝者は真剣な表情で耳を傾けた。
 法話後は、節分にあたり「節分縁起・大黒天招福小槌加持」が両日行われ、堂内は参拝者で大いに盛り上がり、「星まつり」大成功を全員で誓い合った。




1