TITLE:最勝金剛仏母凖胝観世音菩薩 大曼荼羅御奉安式典 挙行

Nov.20.2018 News by 北海道本部管轄

凖胝尊の因縁解脱力を道北地域の人々へ



 4月1日、旭川道場にて「最勝金剛仏母凖胝観世音菩薩大曼荼羅御奉安式典」が挙行され、大勢の参拝者が集結した。
 旭川地区では道北地域の安穏を祈念し、仏舎利供養を広めていくため、2015年11月に「道北鎮護火炎二大龍神不動明王」を奉安。さらに昨年9月、内陣に護摩壇を正式奉安した。そして今回、凖胝尊の功力を道北に広めるため、「最勝金剛仏母凖胝観世音菩薩大曼荼羅」を奉安することとなった。
 午後0時50分、まず内陣に奉安された「最勝金剛仏母凖胝観世音菩薩大曼荼羅」の除幕式が行われた。開祖が読誦される凖胝尊真言に続いて、打ち鳴らされた太鼓を合図に大曼荼羅が披露されると、本堂は参拝者の喜びの拍手で満たされた。
 続いて、阿含宗僧侶を導師に「凖胝観世音菩薩護摩修法」が奉修され、参拝者と旭川地区信徒一同は、大曼荼羅の功徳によって多くの人々が仏縁をいただけるよう、精いっぱい精進することを凖胝尊に誓った。
 修法後は阿含宗僧侶より法話があり、 「この奉安を心より開祖へ感謝申し上げ、凖胝尊に一生懸命お仕えして、そして現在日本全国で実施されている『照耀行脚』の修行を道北地域に広める時、大きなお力をいただき、誓願をかなえることができると思います」と説かれた。
 その後、来賓祝辞、旭川地区信徒からの決意表明、鏡開きと乾杯、聲明「凖胝観音経」奉納、「六つの合言葉」唱和と続き、最後は参拝者へ「凖胝尊輪法加持」施法で締めくくられた。




TITLE:神仏現形 阿含のお護摩 奉修

Nov.19.2018 News by 北海道本部管轄

欠かすことのできない先祖供養の意義を再認識する



 3月17・18日の両日、北海道本部にて「神仏現形 阿含のお護摩」が奉修された。
 17日正午と18日午前11時30分、阿含宗僧侶を導師に、凖胝尊護摩堂にて「因縁解脱・運気増強護摩修法と法話」が営まれた。また本堂では、17日午後2時から愛染明王を本尊として、良縁を結び悪縁を絶つ「愛染明王良縁成就・悪縁解脱護摩修法と法話」が、18日午後1時30分からは彼岸先祖供養併修で、北海道鎮護・霊性顕現・霊力守護を祈念する「火炎龍神倶利伽羅龍王不動明王護摩修法と法話」が、法務部主任・阿含宗僧侶を導師として営まれた。
 両日で一般14人を含む参拝者計625人が祈りを捧げた。なお、18日の模様は旭川・函館・釧路・帯広の各道場にも中継され、合わせて59人が参拝した。
 両日とも修法終了後には、法務部僧侶からお彼岸の意義が説かれ、その話を受けて、先祖供養や追善供養の護摩木や卒塔婆のお勧めがあった。また、帯広地区修行者より、本年6月に修法予定の「第11回北海道浄霊法要」に関するお知らせもあった。
 続いて阿含宗僧侶による法話となり、お護摩のご本尊の功徳、次に凖胝尊真言行に励み、仏さまに日々ご加護をお願いすること、お彼岸供養と併せて「タテの因縁」解脱と先祖供養の関わりを詳説された。参拝者は真剣な表情で耳を傾けた。
 参拝者からは、「自身の因縁解脱のためにも先祖供養が欠かせないことを痛感した」「僧侶の法話を聞いて、家系の因縁の深さを改めて認識させられた」など、先祖供養に関する感想が多く寄せられた。




TITLE:神仏現形 阿含のお護摩 奉修

Nov.14.2018 News by 北海道本部管轄

護摩木で北海道のカルマ断滅を祈り星まつり大成功を誓う




 2月3・4日の両日、北海道本部にて「神仏現形 阿含のお護摩」が奉修された。「星まつり」直前かつ、「節分」の時期に開催された「阿含のお護摩」では、凖胝尊と走り大黒天を本尊とする護摩法要に、一般を含む参拝者計649人が祈りを捧げた。なお、4日の模様は旭川・函館・釧路・帯広の各道場にも中継された。
 3日正午と4日午前11時30分、阿含宗僧侶を導師に、凖胝尊護摩堂にて「凖胝尊因縁解脱・運気増強護摩修法と法話」が営まれた。また本堂では、3日午後2時からは「星まつり節分走り大黒天護摩修法」が、4日午後1時30分からは「星まつり縁起走り大黒天護摩修法」が、阿含宗僧侶を導師として営まれた。
 両日とも修法終了後には、阿含宗僧侶から「荒恵比寿大黒天大護摩木」による郷土安穏祈願の意義が説かれ、同護摩木が「星まつり」で開祖によって修法され、そこから発生するご霊光を北海道に照耀していただくことで、同地の悪しきカルマを断ち切る力をいただくことができる、と解説された。
 続いて阿含宗僧侶による法話があり、節分における運気転換、「星まつり」に向けた護摩木勧進の意義、ご法施の「御霊光秘密曼荼羅」の詳しい解説といった内容に、参拝者は真剣な表情で耳を傾けた。
 法話後は、今年1年の招福開運を祈念する「星まつり節分走り大黒天福豆まき」が本堂で行われ、堂内は大いに盛り上がった。さらに大黒天小槌加持が参拝者に授けられ、一同「星まつり」の大成功を誓い合った。




1