TITLE:神仏現形 阿含のお護摩 奉修

Aug.08.2015 News by 北海道本部管轄

ブータン堂落慶後最初のお護摩で強いお力を賜る



 6月20・21日の両日、北海道本部にて阿含宗僧侶を導師に「神仏現形 阿含のお護摩」が奉修された。また、函館・旭川・釧路・帯広の4道場でも一部中継で参拝した。
 20日は、午後0時30分より護摩修錬堂にて「不動明王護摩修法」があり、午後2時からは本堂で「『良縁を結び悪縁を絶つ』愛染明王護摩修法と法話」が営まれた。翌21日は午前11時30分より凖胝尊護摩堂で「因縁解脱・運気増強護摩修法」が、午後1時から本堂にて「『悪運を転じ心願がかなう』凖胝観音護摩修法と法話」が営まれた。



 休憩を挟んで、映画『阿含速報 ブータン堂サンゲー・チューリン落慶成る』が上映された後、阿含宗僧侶から「神仏両界 沖縄大柴燈護摩供」についてのお話が、阿含宗僧侶から「三福道」についてのお話がなされた。続く導師法話では、阿含宗僧侶が「阿含宗本山ブータン堂 サンゲー・チューリン落慶護摩法要」「霊性開顕 管長猊下 修行順調秘密九字・ブータン仏教 釈迦如来 七仏最勝灌頂」と霊性開顕の関係について諄々と解説した。
 参拝者たちは「浄火に強い霊力・神力を感じました」「自分自身を変えるぞ、という思いがわくお護摩でした」「お護摩で清浄なエネルギーをいただきました。このお力で、今後の修行と仕事に前向きに取り組んでいきます」などと、ブータン堂落慶後初の護摩法要で強いお力を頂戴した喜びを語っていた。




1