TITLE:神仏現形 阿含のお護摩 奉修

Jul.12.2015 News by 北海道本部管轄

毎月、護摩法要を拝し、お力を賜る幸せを実感



  5月9・10日の両日、北海道本部にて阿含宗僧侶を導師に「神仏現形 阿含のお護摩」が奉修され、多くの参拝者が集った。また、函館・旭川・釧路・帯広の4道場でも一部中継した。
9日は、午後0時30分より護摩修錬堂にて「不動明王護摩修法」があり、午後2時からは「『運気増強・災難消滅』水晶龍神不動明王護摩修法と法話」が営まれた。翌19日は午前11時30分より護摩修錬堂で「不動明王護摩修法」があり、午後1時からは「『悪運を転じ心願がかなう』凖胝観音護摩修法と法話」が営まれた。
 休憩を挟んで映画『阿含宗本山ブータン堂いよいよ完成へ』が上映された後、阿含宗僧侶からブータン堂についてのお話が、阿含宗僧侶から札幌地区勉強会開催のお知らせがなされた。
続く導師法話では、阿含宗僧侶が霊性開顕・霊性開発とブータン堂建立の関係・意義について諄々と解説した。



 法話終了後、端午の節句にちなんで当日参拝の18歳以下の少年少女に「霊性開顕祈願 知力増強 身心健全特別加持」が、他の参拝者に「健康息災 智慧円満特別加持」が授けられた。
 参拝者たちは「お護摩から大きなパワーをいただいたと思います。息子もお加持をしていただき感謝しております」「やる気が出てきました」「黄金色に輝く護摩の炎に仏さまの降臨を確信しました」などと、毎月の護摩法要で神仏のお力を頂戴できる幸せを熱く語っていた。


TITLE:帯広道場輪廻転生秘密二大曼荼羅奉安 道東鎮護火炎二大龍神不動明王護摩法要 奉修

Jul.12.2015 News by 北海道本部管轄

上求菩提下化衆生(じょうぐぼだいげけしゅじょう)を二大曼荼羅に誓う



 4月29日、帯広道場において、「帯広道場輪廻転生秘密二大曼荼羅奉安 道東鎮護火炎二大龍神不動明王護摩法要」が営まれ、多くの参拝者が集った。同地区ではかねてより、輪廻転生瞑想法に必須の「凖胝尊秘密光明大曼荼羅」と「光明解脱愛染大曼荼羅」の奉安を目指し、誓願を掲げて活動を展開。このほどその精進が実り、同法要奉修の運びとなった。
 午後1時、両大曼荼羅のお披露目があり、スポットライトに浮かび輝く尊容を拝し、人々は、そこから放たれる成仏法の光明に包まれた。続いて護摩法要開始。聖なる浄火が燃える中、道場には一心なる読経と真言読誦の声が満ち、法悦が広がった。
 参拝者からの「早々に瞑想実修も行われ、条件の整った道場で須陀洹を目指し、霊性開顕修行に精進します」の言葉に表されるように、帯広地区信徒は同道場を、護摩壇を設えた瞑想道場としてとらえ、道東鎮護と地域平和のために布教活動に励むとともに、霊性開顕を目指して精進する、上求菩提下化衆生の決意を新たにした。



1