TITLE:第35回 阿含宗霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法広島護摩法要 大成功祈願・内陣護摩壇釜開き護摩法要 奉修

Sep.21.2019 News by 広島道場

内々陣の三基の護摩壇に霊性顕現の御聖火輝く



 7月21日、広島道場において「第35回 阿含宗霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法 広島護摩法要 大成功祈願・内陣護摩壇釜開き護摩法要」が奉修された。
 広島道場では同月6・7日に「阿含宗開祖眞身舎利御奉安 桐山靖雄平和祈念堂 落慶式典」を挙行。広島地区念願の、開祖のご尊名を冠す聖堂落成を成就したが、同時に道場本堂の内々陣に三基の護摩壇を奉安した。
 そこで、開祖が初めて広島平和記念公園で護摩法要を厳修されて以来、欠かすことなく続け、今年で35回目を迎える「広島護摩法要」の大成功を祈念するため、内陣と新たな両脇護摩壇の、三基の護摩壇に同時に御聖火を点火する、釜開き護摩法要を奉修の運びとなった。



 午後1時、導師を務める法務部主任・少僧都(中央護摩壇)、教宣部中先達・少教範(右護摩壇)、教宣部少先達・権少教範(左護摩壇)が入堂して法要開始。三基の護摩壇に「人類救済の御聖火」が同時に点じられ、参拝者は立ち昇る浄火に篤い真摯な祈りを捧げた。
 法要後は、広島地区運営委員による「広島護摩法要」(10月6日、平和記念公園で奉修予定)のお知らせ、宗務局からのお知らせに続き、導師法話となった。少僧都は「開祖は『祈りの同志を集めてほしい』と呼びかけられました。それは『第35回広島護摩法要でも変わりません」と、同法要へ向けた広島地区の使命について説いた。
 地区信徒一同は、この使命を全うすべく、「第35回 広島護摩法要」大成功へと突き進む。