TITLE:法恩感謝 霊性顕現 花まつり 広島新道場・桐山靖雄平和祈念堂 建立決起護摩法要 奉修

Dec.01.2018 News by 広島道場

「真の世界平和」に向け、新たな活動を開始



 4月8日、広島道場にて「法恩感謝・霊性顕現 花まつり 広島新道場・桐山雄平和祈念堂建立決起護摩法要」が阿含宗僧侶を導師に奉修された。
 広島地区は開祖より、「仏陀釈尊の成仏法により原爆による人類破滅のカルマを断ち、核の恐れなき真の世界平和を実現する」という使命をいただき、現在は開祖眞身舎利奉安活動に邁進している。その使命と活動成就のため、このたび、新道場内陣荘厳と、開祖の世界平和に向けたご業績を紹介し、ヒロシマから白銀のバイブレーションを発信して、真の世界平和を実現させるための「桐山雄平和祈念堂」を建立することとなり、その決起護摩法要を仏陀生誕の日である、「花まつり」の日に奉修することとなった。 午前11時5分、真正仏舎利尊を本尊とする護摩法要開始。法要終了後は阿含宗僧侶による法話、地区運営委員から本活動の意義説明、導師による「走り大黒天金運如意特別加持」と続いた。
 また、午後2時からは阿含宗僧侶によるご指導会もあり、まさに新たな活動開始にふさわしい一日となった。




1