TITLE:報恩謝徳・霊性顕現 灌仏会花まつり護摩法要 奉修

May.10.2016 News by 広島道場

報恩謝徳・霊性顕現 灌仏会花まつり護摩法要 奉修



 4月3日、広島道場にて、「報恩謝徳・霊性顕現 灌仏会 花まつり護摩法要」が営まれた。
 護摩修法に先立って「三身即一応供の如来多宝塔」が実に3年振りにご開帳され、午前11時法要開始。引き締まった空気の中、応供の如来への感謝の気が満ちる法要となった。
 修法後の導師法話では、仏さまのお力をいただく秘訣が話され、道場でお焚き上げされるお護摩にはなるべく多く参拝して、そのお力を家庭へと持ち帰ることが大切、と説かれた。
 法要後、三原・呉・広島各地区の活動報告と特別ご指導会が行われ、報恩感謝と修行の指針を得る法要となった。


TITLE:New大梵行の日 開催

May.02.2016 News by 広島道場

「New大梵行の日」は霊性顕現の修行



 広島地区では「New大梵行の日」と銘打って、地区活動の核となる修行を毎月第2日曜日に行っており、3月度は13日に開催された。
 午前の部では、8時30分より広島平和記念公園内の原爆供養塔前での清掃修行が行われ、毎年、広島法要が奉修される祈りの聖地である同地での清掃に励み、その後は同公園隣接の元安橋にて原爆犠牲者のご供養とともに世界平和祈願の護摩木勧進や、「凖胝如来一印明」の布施行が行われた。
 午後の部は2時から広島道場にて阿含宗僧侶を導師に「神仏両界解脱宝生祈願護摩法要」が営まれ、また終日にわたってALCも実施、一般の方に気軽に道場へ足を運んでもらい、護摩法要に触れていただく活動に取り組んだ。
 同地区は、霊性顕現の年である本年、御聖火による護摩法要を毎月続けることを地区誓願の一つとしており、また、導師も法話で「『New大梵行の日』の修行は、霊性顕現の修行そのものだと思います」と激励。信徒自身の心身を清め、霊性を高める修行の柱として今後も精進を続ける。


1