TITLE:文殊菩薩智慧無尽祈願護摩法要 奉修

Mar.05.2014 News by 広島道場

智慧のお護摩に修行順調を祈る



 1月12日、広島道場での年始めのお護摩「文殊菩薩智慧無尽祈願護摩法要」が、僧侶を導師として奉修された。 
この冬一番の冷え込みを記録したこの日、文殊菩薩の因縁解脱の智慧をいただき、来る第30回広島法要、また仏母凖胝観世音菩薩奉安へ向け邁進するための真摯な祈りが捧げられた。
 管長猊下からの「第41回阿含の星まつり」に向けてのメッセジには、「本当の平和にしてゆくためには、どうしたら良いのか? 私は、世界中の人々の霊性を目覚めさせなければならないと考えています」とあり、同地区ではそのお言葉を受けて、文殊の智慧をいただいて今年の修行順調・誓願達成を祈念するための護摩法要を奉修するに至った。
 午前11時、修法開始。年始めとあって清々しい雰囲気の中、参拝者は清浄な智慧のお護摩に感謝を捧げた。 



 続いて、一人一人に「文殊菩薩智慧無尽如意特別加持」が行われ、導師法話では、「広島道場における年始めの護摩にあたり、災難消滅と所願成就を合わせて祈念しました。また一人一人が智慧を持って因縁解脱の修行をする。それが大切です」とお話しされた。
 参拝者からは「文殊菩薩さまのお力で、皆が守られていることに感謝しています」など、感謝の言葉が多く聞かれた。

広島道場



 

1