TITLE:桐山靖雄平和祈念堂 地鎮・鎮壇護摩法要 奉修

Jan.21.2019 News by 広島道場

核なき世界平和へ向けて広島の地に聖堂建立



 6月2日、広島道場向かいの桐山靖雄平和祈念堂建立予定地にて、法務部課長補佐・阿含宗少僧正を導師に「桐山靖雄平和祈念堂 地鎮・鎮壇護摩法要」が2部構成で執り行われた。 同地区では、2011年3月度例祭にて開祖・桐山靖雄大僧正猊下より同祈念堂建立の許可を賜って以来、「聖者となり、賢刧の千仏となって、世のため人のため、核の恐れなき真の世界平和を達成する」との思いで活動を進めてきたが、その努力が実を結び、晴れて地鎮・鎮壇護摩法要開催の運びとなった。
 同祈念堂は、真の世界平和の実現に向けて歩んできた開祖のお姿を後世に残すとともに、凖胝護摩堂、護摩修錬堂、滝場、瞑想室を設けた霊性錬磨の高度な修行を実践する聖堂となる。
 午前11時、導師が入堂し第1部の護摩法要が開始。祭壇前にはブータン曼荼羅壇が設けられ、釈迦の成仏法とブータン仏教の強い霊力による完全仏教の法が修された。次第が進みブータン段になると、鎮め物の儀と玉埋めの儀が行われ、地区信徒の手でブータン曼荼羅壇に奉安のご聖物が鎮められた。
 法要後は、導師挨拶、来賓祝辞と続き、祝賀の鏡開きと乾杯が行われると、導師による霊性顕現・福徳宝生の「九鈷杵加持」が参拝者全員に施された。
 午後1時30分、第2部の「第34回 阿含宗 霊性顕現・世界平和祈念 完全仏教秘法広島護摩法要 決起大会」が広島道場本堂で営まれた。阿含宗少僧正の指導会では、「広島地区は原爆犠牲者の供養を長年行っていますが、それらのお霊を生み出すに至った土地の深いカルマを、照耀行脚の継続によって断ち切らなければならない」との指針が示され、最後は全員で六つの合言葉を唱和し締めくくられた。




TITLE:法恩感謝 霊性顕現 花まつり 広島新道場・桐山靖雄平和祈念堂 建立決起護摩法要 奉修

Dec.01.2018 News by 広島道場

「真の世界平和」に向け、新たな活動を開始



 4月8日、広島道場にて「法恩感謝・霊性顕現 花まつり 広島新道場・桐山雄平和祈念堂建立決起護摩法要」が阿含宗僧侶を導師に奉修された。
 広島地区は開祖より、「仏陀釈尊の成仏法により原爆による人類破滅のカルマを断ち、核の恐れなき真の世界平和を実現する」という使命をいただき、現在は開祖眞身舎利奉安活動に邁進している。その使命と活動成就のため、このたび、新道場内陣荘厳と、開祖の世界平和に向けたご業績を紹介し、ヒロシマから白銀のバイブレーションを発信して、真の世界平和を実現させるための「桐山雄平和祈念堂」を建立することとなり、その決起護摩法要を仏陀生誕の日である、「花まつり」の日に奉修することとなった。 午前11時5分、真正仏舎利尊を本尊とする護摩法要開始。法要終了後は阿含宗僧侶による法話、地区運営委員から本活動の意義説明、導師による「走り大黒天金運如意特別加持」と続いた。
 また、午後2時からは阿含宗僧侶によるご指導会もあり、まさに新たな活動開始にふさわしい一日となった。




TITLE:交通安全・郷土安穏・開運除災 広島新交通システム橋桁落下事故犠牲者成仏供養護摩法要 奉修

Mar.22.2018 News by 広島道場

事故犠牲者の成仏を祈念



 11月19日、広島道場にて、阿含宗僧侶を導師に「広島新交通システム橋桁落下事故犠牲者成仏供養護摩法要」が奉修された。同事故は1991年3月に発生。建設中の新交通の橋桁が落下し、下敷きとなった車の運転手、建設作業員ら15人が死亡している。
 午後1時30分、法要開始。事故直後のニュース映像を上映した後、同事故で作業中に橋桁とともに落下するも、奇蹟的に助かったという信徒が、体験談を披露した。その後、護摩法要となり、参拝者は無念の思いで亡くなった犠牲者へ成仏供養の祈りを捧げた。



TITLE:第33回 阿含宗 霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法 広島護摩法要 奉修

Mar.18.2018 News by 広島道場

曼荼羅壇と護摩壇三基で霊性顕現・世界平和を祈念



 10月9日、広島市の平和記念公園・原爆供養塔前において、「第33回 阿含宗 霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法 広島護摩法要」が阿含宗僧侶を導師に奉修された。
 本法要は秘仏「七仏最勝曼荼羅」を奉安したブータン式の曼荼羅壇を祭壇前に設置し、その壇前で阿含宗僧侶がブータン式法要を進め、そこを基点に扇形に配置された三基の護摩壇で、一壇9人ずつ、27人の護摩師が「人類救済の御聖火」による護摩を焚き、世界で初めて原爆の犠牲となった広島から、霊性顕現・世界平和を祈念するもの。






 午前10時15分、導師をはじめとする勤行衆が公園内の原爆死没者慰霊碑前にて勤行開始。法要地に導師・法要衆が移動した後は公園内の平和の鐘が鳴鐘され、参列者全員が黙禱を捧げた。
 清(すが)神社・禰宜による御神事に続き、導師と、護摩壇にて最初に護摩を修法する護摩師が入堂。三つの護摩壇へ一斉に点火されると、開祖霊諭が奉読され、さらに光明宝蓮華の散華、聲明「凖胝観音経」の奉納も行われる中、27人の護摩師による護摩修法は無事行満した。
 法要後は、導師から参拝者へ「霊性顕現・息災長寿完全仏教特別加持」が施され、御神事斎主と導師、地区代表の挨拶と続いた。被爆地・広島から霊性顕現と世界平和を祈念する活動は、今後も継続される。



TITLE:第33回 阿含宗世界平和祈念 完全仏教秘法護摩法要 無魔行満祈願護摩法要 奉修

Nov.20.2017 News by 広島道場

「霊性顕現・霊性錬磨の広島法要」大成功を祈念



 7月17日、広島道場にて阿含宗僧侶を導師として、「第33回 阿含宗 世界平和祈念 完全仏教秘法護摩法要無魔行満祈願護摩法要」が奉修された。
 ここ最近の世界情勢を見るに核廃絶はおろか、北朝鮮による核兵器の脅威が日増しに強くなっている。「お霊たちへの最高の成仏供養は、核の恐れなき世界平和の達成にあると思います」との開祖の思いに応えるべく、広島地区では広島法要を「霊性顕現・霊性錬磨の広島法要」と捉え、10月奉修予定の同法要の大成功成就を祈念する護摩法要を、午前11時より奉修。夏の暑さが堪える日が続いたにもかかわらず、多くの参拝者がお護摩に真摯な祈りを捧げた。
 護摩法要に続き、午後からは阿含宗僧侶による特別指導会が行われ、参拝者は阿含宗僧侶の法話に熱心に聞き入った。その後、地区信徒代表から「霊性顕現・霊性錬磨の広島法要」へ向けた決意表明があり、地区信徒一同で邁進することを誓った。最後は阿含宗僧侶による「凖胝尊宝瓶特別加持」で締めくくられた。



<前のページへ 1 2 3 4 ...|6 次のページへ>