TITLE:第35回阿含宗 霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法 広島護摩法要 奉修

Jan.15.2020 News by 広島道場

「理の護摩」で広島から核の恐れなき世界平和実現を開祖とともに祈念


 
10月6日、広島市の広島平和記念公園・原爆供養塔前において、法務部主任・少僧都を導師として、「第35回 阿含宗 霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法 広島護摩法要」が奉修された。本法要は「理の護摩」によって修法され、広島平和記念公園を訪れた観光客を含む大勢の参拝者が、原爆犠牲者へのご供養と核の恐れなき恒久的な世界平和実現を真摯に祈念した。

 1985年に阿含宗開祖・大僧正猊下が広島平和記念公園で「世界平和祈念・解脱供養大法会」を営まれ、原爆犠牲者を供養されて以来、広島地区では、開祖の理念を継承し、毎年同公園にて、世界平和祈念の法要を継続してきた。35回目を迎える今回、実際の火を出さずに観念・観想により、心の力をもって護摩を修法する「理の護摩」にて法要を営む運びとなった。
 「理の護摩」は開祖が1988年10月、台湾・嘉義市において「台湾平安・世界和平 玉山運動奉祝 阿含佛教大柴燈護摩供法會」で奉修され、広島地区でも昨年7月に宮島・厳島神社の境外末社、荒胡子(あらえびす)神社で奉修された照耀行脚以来となる。



  午前10時30分、祭壇前にブータン様式の開祖修法座が設えられ、導師修法座と四つの修法座が並ぶ結界へ、導師と法要衆が入壇して法要開始。はじめに原爆犠牲者の冥福と世界恒久平和を祈って黙禱が捧げられ、続いて清神社・禰宜による御神事を斎行。続いて導師と護摩師4人が修法座へ着座し、「理の護摩」修法開始ののち、「開祖霊諭」が奉読された。
  その中で開祖は、広島地区信徒が35年間にわたって世界平和を祈り、人類の霊性復活に貢献する原爆犠牲者成仏供養法要を営んできたことを労い、「本日、諸君には『幕末維新動乱犠牲者解脱成仏 神仏両界大柴燈護摩供』で神仏から新たに授かった御力をもって、より多くの人々の霊性を復活させ、世界に恒久的な幸せ、平和と安穏をもたらすために、責任をもって祈ってくれることを期待しています」と説かれた。



  法要中は35人の護摩師が交代で「理の護摩」を修法。その間、光明宝蓮華の散華、参拝者による護摩木投入、聲明「凖胝観音経」奉納と次第は進んだ。
  修法終了後は禰宜と導師、本法要実行委員長から挨拶があり、最後に導師による開運除災・息災長寿特別加持と焼香が行われた。こうして、「理の護摩」によって開祖とともに、核の恐れなき世界平和実現を祈念する本法要は無魔成満となった。





TITLE:第35回 阿含宗霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法広島護摩法要 大成功祈願・内陣護摩壇釜開き護摩法要 奉修

Sep.21.2019 News by 広島道場

内々陣の三基の護摩壇に霊性顕現の御聖火輝く



 7月21日、広島道場において「第35回 阿含宗霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法 広島護摩法要 大成功祈願・内陣護摩壇釜開き護摩法要」が奉修された。
 広島道場では同月6・7日に「阿含宗開祖眞身舎利御奉安 桐山靖雄平和祈念堂 落慶式典」を挙行。広島地区念願の、開祖のご尊名を冠す聖堂落成を成就したが、同時に道場本堂の内々陣に三基の護摩壇を奉安した。
 そこで、開祖が初めて広島平和記念公園で護摩法要を厳修されて以来、欠かすことなく続け、今年で35回目を迎える「広島護摩法要」の大成功を祈念するため、内陣と新たな両脇護摩壇の、三基の護摩壇に同時に御聖火を点火する、釜開き護摩法要を奉修の運びとなった。



 午後1時、導師を務める法務部主任・少僧都(中央護摩壇)、教宣部中先達・少教範(右護摩壇)、教宣部少先達・権少教範(左護摩壇)が入堂して法要開始。三基の護摩壇に「人類救済の御聖火」が同時に点じられ、参拝者は立ち昇る浄火に篤い真摯な祈りを捧げた。
 法要後は、広島地区運営委員による「広島護摩法要」(10月6日、平和記念公園で奉修予定)のお知らせ、宗務局からのお知らせに続き、導師法話となった。少僧都は「開祖は『祈りの同志を集めてほしい』と呼びかけられました。それは『第35回広島護摩法要でも変わりません」と、同法要へ向けた広島地区の使命について説いた。
 地区信徒一同は、この使命を全うすべく、「第35回 広島護摩法要」大成功へと突き進む。





TITLE:阿含宗開祖眞身舎御奉安 桐山靖雄平和祈念堂 落慶式典 挙行

Sep.18.2019 News by 広島道場

開祖の世界平和への歩みを伝え、人々の霊性を覚醒せしむ聖堂落成!



 7月6・7日の両日、広島道場において開祖眞身舎利をご奉安し、「阿含宗開祖眞身舎利御奉安 桐山靖雄平和祈念堂 落慶式典」が挙行された。道場正面に建立された広島道場の新たな聖堂で、6日は法務部課長補佐・少僧正を導師に「阿含宗開祖眞身舎利御奉安 桐山靖雄平和祈念堂 神仏両界守護之滝 お滝開き護摩法要」が、7日には阿含宗本庁理事長・中僧正を導師に戴いて「阿含宗開祖眞身舎利御奉安 桐山靖雄平和祈念堂 完全仏教護摩堂 護摩堂開き護摩法要」が、それぞれ営まれた。

 広島地区は1982年の道場開設以来、二度と核の悲劇を繰り返すことなく、核の恐れなき真の世界平和実現を目指し、ひたむきに活動してきた。その活動の中で地区信徒一同は、開祖の世界平和実現への歩みを後世に伝えることが必須との考えに至り、その実現にも努力を重ねた。
 そしてこのたび、努力が実り、開祖の世界平和への活動を紹介し、さらには人類の霊性を目覚めさせるための修行設備を備えた聖堂、「阿含宗 桐山靖雄平和祈念堂」が、道場正面に落成することとなった。なお、この聖堂は、開祖のご尊名を冠す、初めての阿含宗の建物となる。
 式典初日の6日午後2時、5日に広島へご到着なされた開祖眞身舎利を奉戴して、「桐山靖雄平和祈念堂」除幕式が、中僧正と来賓、広島地区信徒代表らによって行われた。続いて玄関ロビーに移り、「阿含宗開祖桐山靖雄大僧正猊下御尊影」除幕式も行われ、来堂者を見守る、ブータン法衣姿の開祖御尊影がお披露目された。
 その後、開祖眞身舎利は護摩堂本尊である「三身即一の阿弥陀如来」尊前に奉安され、少僧正を導師に「神仏両界守護之滝 お滝開き護摩法要」が開始。法要中には護摩堂に隣接し、開祖が開眼修法された「平和不動尊」を本尊とする「神仏両界守護之滝」で、広島地区信徒らの代表が滝行を実践した。



 法要終了後は、2階瞑想室にて「桐山靖雄平和祈念堂・完全仏教秘法セルト奉安式」があり、少僧正によるご法話では、広島の新たな霊性修行の場となる聖堂について詳説された。
 翌7日午前11時15分からは、開祖眞身舎利の奉安式に続いて、中僧正を導師とする「完全仏教護摩堂 護摩堂開き護摩法要」を奉修。本法要は開祖眞身舎利の尊前で「開祖直伝 念力護摩」のお次第により営まれたが、地区道場では初のこと。
 法要後は6日の式典をまとめたビデオ上映後、「開祖霊諭」が奉読された。この中で開祖は、同聖堂が広島地区信徒の真心によって出来上がったものであると、その精進を労われた。さらにこの聖堂で霊性顕現の研鑽を重ね、広島中に「人類救済の御聖火」を灯す照耀行脚の行を進めながら、自身の霊格を高める修行に励むよう、諭された。
 次いで理事長からご挨拶があり、「開祖への真心をもって桐山靖雄平和祈念堂を建立した広島地区には、開祖も功力を揮うとおっしゃっている気がします。今後も修行精進に励んでください」と述べられた。
 さらに来賓挨拶、感謝状贈呈、鏡開き、乾杯と続き、広島地区信徒を代表して、阿含宗理事=桐山靖雄平和祈念堂落慶実行委員長が御礼と決意を述べた。新たな聖堂を落成し、広島地区信徒一同、懈怠なく修行精進することを開祖眞身舎利にお誓い申し上げた。





TITLE:第34回 阿含宗 霊性顕現 世界平和祈念 完全仏教秘法 広島護摩法要 奉修

Apr.25.2019 News by 広島道場

「人類救済の御聖火」で、原爆投下のカルマを断つ



 10月8日、広島平和記念公園・原爆供養塔前において、法務部副主任・少僧都を導師に、「第34回 阿含宗 霊性顕現世界平和祈念 完全仏教秘法 広島護摩法要」が奉修された。
 同地では1985年10月10日、開祖・桐山靖雄大僧正猊下を導師に「世界平和祈念・解脱供養大法会」を奉修。以後33年間、毎年法要を行ってきた。
 本法要では、ブータン様式の曼荼羅壇と開祖修法壇を祭壇前に設置。そこを起点に扇形に配置された三基の護摩壇で、導師と27人の護摩師が、「人類救済の御聖火」による護摩を奉修。「世界の霊的浄化」と「人類の霊性復活」とによる核の恐れなき真の世界平和実現を祈念するとともに、本年7月に発生した西日本豪雨災害犠牲者の成仏、ならびに原爆投下のカルマを根幹まで断滅するために、広島から遠く大阪まで一向一揆へ参加させられた、安芸門徒の鎮魂成仏も併せて祈願した。



 午前10時20分、「原爆ドーム」と「平和の灯」を臨む「原爆死没者慰霊碑」前にて、導師と法要衆による勤行が営まれると、修法地へ向けて行列が出発。法要衆が入壇すると、初めに「平和の鐘」が鳴鐘され、参拝者全員が黙禱を捧げた。
 清神社・宮司による御神事斎行ののち、護摩法要が開始。三基の護摩壇に浄火が燃え上がると、参拝者らは篤い祈りを捧げた。修法中には、「開祖霊諭」の奉読と聲明「凖胝観音経」の奉納があり、参拝する外国人観光客の姿も見られた。
 法要後には、宮司、導師、地区代表の挨拶があり、「開運除災・息災長寿 特別加持」が参拝者全員に施された。地区信徒らは、今後もこの一大社会運動を継続していく。




TITLE:桐山靖雄平和祈念堂 地鎮・鎮壇護摩法要 奉修

Jan.21.2019 News by 広島道場

核なき世界平和へ向けて広島の地に聖堂建立



 6月2日、広島道場向かいの桐山靖雄平和祈念堂建立予定地にて、法務部課長補佐・阿含宗少僧正を導師に「桐山靖雄平和祈念堂 地鎮・鎮壇護摩法要」が2部構成で執り行われた。 同地区では、2011年3月度例祭にて開祖・桐山靖雄大僧正猊下より同祈念堂建立の許可を賜って以来、「聖者となり、賢刧の千仏となって、世のため人のため、核の恐れなき真の世界平和を達成する」との思いで活動を進めてきたが、その努力が実を結び、晴れて地鎮・鎮壇護摩法要開催の運びとなった。
 同祈念堂は、真の世界平和の実現に向けて歩んできた開祖のお姿を後世に残すとともに、凖胝護摩堂、護摩修錬堂、滝場、瞑想室を設けた霊性錬磨の高度な修行を実践する聖堂となる。
 午前11時、導師が入堂し第1部の護摩法要が開始。祭壇前にはブータン曼荼羅壇が設けられ、釈迦の成仏法とブータン仏教の強い霊力による完全仏教の法が修された。次第が進みブータン段になると、鎮め物の儀と玉埋めの儀が行われ、地区信徒の手でブータン曼荼羅壇に奉安のご聖物が鎮められた。
 法要後は、導師挨拶、来賓祝辞と続き、祝賀の鏡開きと乾杯が行われると、導師による霊性顕現・福徳宝生の「九鈷杵加持」が参拝者全員に施された。
 午後1時30分、第2部の「第34回 阿含宗 霊性顕現・世界平和祈念 完全仏教秘法広島護摩法要 決起大会」が広島道場本堂で営まれた。阿含宗少僧正の指導会では、「広島地区は原爆犠牲者の供養を長年行っていますが、それらのお霊を生み出すに至った土地の深いカルマを、照耀行脚の継続によって断ち切らなければならない」との指針が示され、最後は全員で六つの合言葉を唱和し締めくくられた。




1 2 3 ...|6 次のページへ>