TITLE:第18回 阿含のお護摩 奉修

Jun.11.2019 News by 関東別院管轄

開祖眞身舎利ご奉安に向け、さらなる精進を誓う



 3月3日、関東別院にて「第18回 阿含のお護摩」が奉修された。関東別院管轄全地区では、開祖眞身舎利をお迎えしようと一丸となって精進中だが、4月7日でその活動が2年間の区切りを迎える。そこで改めてその意義を学ぼうと、一般を含む約400人の参拝者が訪れた。
 午後1時30分、まず法務部主任・少僧都を導師に、「開祖直伝 念力護摩 初伝」次第によって護摩法要が奉修され、関東別院では初めてとなる本法要の御聖火に、参拝者は開祖への御威光顕耀と法恩感謝、そして開祖眞身舎利ご奉安成就を祈念した。 その後、法務部・権少僧都、少僧都より家運を良くする秘訣が解説され、続いて桃の節句にちなんだ発育健全加持が行われて第1部が終了。
 また第2部では、法務部・律師から開祖眞身舎利ご招来の意義が解説された後、少僧都の法話となり、法話中に開祖ご法話「所作すでに作し梵行すでに立ち、自ら後有(ごう)の生ぜざるを知る」を上映。そして開祖眞身舎利ご招来成就のために、どのような修行者にならねばならないのかを説いた。 終了後、参拝者一同は開祖眞身舎利ご奉安実現のため、さらなる精進を誓い合った。




TITLE:第17回 阿含のお護摩 奉修

Jun.03.2019 News by 関東別院管轄

星まつりに向けて祈りを結集



 2月3日、関東別院にて「第17回 阿含のお護摩」が奉修され、一般を含む約400人が参拝した。
 午後1時30分、法務部主任・少僧都を導師とする「神仏両界祈願 関東鎮護 地震津波安全 護摩法要」が始まり、参拝者たちは直前に迫る「星まつり」の大成功とともに、全参拝者の祈願と供養があまねく成就するよう、真摯な祈りを捧げた。
 なお、本法要では一般参拝者向けに、3回の参拝で結願成就を迎える「御朱印帳」を昨年11月より配布。当日は結願を果たした一般参拝者とお連れ修行者が、初めて内外陣へ附座し、お護摩の炎を間近で参拝した。 修法後は法務部・権少僧都、少僧都より「星まつり」とその参拝意義について法話があり、第1部が終了。
 休憩をはさんだ第2部では、法務部・律師から「星まつり」修行の意義について、少僧都からは「星まつり護摩札」と、幕末維新の業を焼き尽くす護摩法要へ向けた、護摩木供養の意義が詳説された。最後は節分にちなみ、参拝者全員へ本法要で修法された福豆が授けられ、締めくくられた。
 なお当日は、天変地異から首都・東京を守るため、東京23区ごとに用意された「荒恵比寿大黒天特別祈攸大護摩木」など、「星まつり」へ向けた護摩木勧進も行われた。




TITLE:東京都北区荒川・隅田川照耀行脚 洪水・震災・戦災犠牲者成仏供養 神仏両界護摩法要 奉修

May.30.2019 News by 関東別院管轄

東京・荒川に「御聖火」燃ゆ



 1月14日、東京都北区岩淵町の荒川河川敷にて、「東京都北区荒川・隅田川照耀行脚 洪水・震災・戦災犠牲者成仏供養 神仏両界護摩法要」が奉修された。
 荒川・隅田川は江戸時代より洪水を繰り返し、その流域に住む人々を苦しめてきた。そうした水害を防ぐため、1930年に荒川放水路(現在の荒川)が人口河川として完成。以後、東京が洪水に見舞われることはなくなったが、現在も上流域に想定外の豪雨が降ると、荒川が氾濫し、東京の3分の1が水没する可能性が残されており、国もその警鐘を鳴らしている。
 近年の豪雨災害を鑑み、東京地区信徒一同は東京での水害発生を防ぐため、荒川と隅田川の分岐点である岩淵水門近くの河川敷で、「人類救済の御聖火」を灯す柴燈護摩形式の神仏両界護摩法要を奉修する運びとなった。
 午前11時、導師を務める法務部主任・少僧都と法要衆が入堂して、法要開始。東京における洪水、震災、そして戦災で犠牲となった全てのお霊の成仏を祈念する願文が奉読され、護摩壇へ「人類救済の御聖火」が点火。燃え上がる御聖火に参拝者は首都・東京の安穏繁栄を祈念した。また、本法要は導師のほか、6人の脇導師によって修法され、点火直後には聲明衆により、聲明「凖胝観音経」が奉納された。
 法要後、少僧都は挨拶の中で、荒川放水路工事責任者の「生まれてきた時よりも良い世の中にしたい」という言葉を引用し、「私たちもその遺志を継いで、苦しまれているお霊を救済し、後世の人々のために活動しましょう」と説いた。
 こうして東京地区では初となる、柴燈護摩形式の神仏両界護摩法要が成満し、地区信徒一同、さらなる精進を誓い合った。




TITLE:阿含宗茨城連絡所 護摩壇釜開き 龍神赤不動明王御奉安護摩法要 奉修

May.24.2019 News by 関東別院管轄

信徒の熱意と真心が実り、護摩壇に御聖火が燃える



 12月9日、「阿含宗茨城連絡所 護摩壇釜開き 龍神赤不動明王御奉安護摩法要」が、宗務局次長・中僧都を導師に迎えて奉修された。
 茨城県では常に地震や原発事故の脅威を感じている。そこで茨城地区では龍神赤不動明王を奉安し、護摩法により安全祈願を行い、修行者が懈怠なく精進することで開祖の理念を実現することを発願。2014年に護摩壇奉安誓願を、2018年には龍神赤不動明王奉安誓願を達成し、晴れてこの日を迎えた。
 午後1時、「釈迦山東関東鎮護龍神赤不動明王」除幕式から第1部が開始。雅楽奉納ののち、「護摩壇釜開き 龍神赤不動明王御奉安護摩法要」を奉修。新しい護摩壇に初めて、「人類救済の御聖火」が燃え上がった。
 第2部ではまず、「開祖霊諭」が奉読され、開祖は「釈迦山東関東鎮護龍神赤不動明王」の大威神力を解説され、さらにそのお力を礎に照耀行脚を重ね、茨城の歴史から連なる因縁を解くよう、ご指導なされた。
 中僧都の法話では、「地震が来ても、地震そのものを押さえつけてしまう。祈りを結集すれば、そういう力が生まれます。土地の業カルマを切り、因縁を変えるために、多くの人の祈りを集める。それを目指していただきたい」と説かれた。
 鏡開き、乾杯、祝電披露と次第は続き、奉納演芸では優雅なフルート演奏、佐原囃子の笛演奏で同地区の新たな門出に華を添えた。最後は法務部主任・少僧都による不動明王宝剣加持で、祝典の幕は閉じた。




TITLE:第16回 阿含のお護摩 五仏祈願・五壇護摩法要 奉修

May.14.2019 News by 関東別院管轄

平成最後の厄落としを五つの護摩壇で五仏に祈る



 12月8日、関東別院では「第16回 阿含のお護摩」が奉修され、多くの参拝者でにぎわった。
 今回は「平成最後の厄落とし」として、内陣護摩壇と四基の御聖火壇、併せて五つの護摩壇で同時にお護摩を焚くという、初の試みとなった。
 午後1時、たくさんの参拝者が見守る中、法要開始。内陣護摩壇は法務部・少僧都、不動明王護摩壇は権少教範、文殊菩薩護摩壇は大教導、愛染明王護摩壇は大教導、走り大黒天護摩壇は護摩導師が、それぞれ導師を務めた。参拝者は、燃え上がる五つの御聖火に日頃の守護を感謝し、来たる年の幸運を祈念した。
 続いて少僧都は法話で、「本日は五つの護摩壇で同時にお護摩を焚きました。私は内陣護摩壇で焚きましたが、後ろの四つの護摩壇からのお力をひしひしと感じました。来年は元号も変わりますが、平成の厄を全て払うことができたと思います。これで新しい年を良い運気で迎えることができます」と述べた。



 その後、法務部・権少僧都による五仏加持が行われ、また休憩をはさんだ第2部では、権少僧都・律師・少僧都の法話があり、次に僧侶による法剣加持が、参拝者全員に施法された。
 なお、山門では律師による文殊菩薩特別加持も行われ、親子連れの受験生などが加持を受ける姿も見られた。
 関東別院では全地区が結集して、開祖眞身舎利招来を目指して活動中。次回の「阿含のお護摩」は、星まつり直前の2月3日に開催予定。




1 2 3 ...|35 次のページへ>
阿含の初護摩 阿含の星まつり 万燈先祖供養