TITLE:第11回 北海道浄霊法要 神仏両界柴燈護摩供 奉修

Jan.21.2019 News by 北海道本部管轄

国土因縁解脱の浄化、北海道に燃ゆ



6月10日、「第11回 北海道浄霊法要 神仏両界柴燈護摩供」が法務部副主任・阿含宗権中僧都を導師として、北海道帯広市北愛国交流広場で奉修された。世界平和と北海道の郷土安穏繁栄が祈念された本法要には、全国より700人以上の参拝者が集結、護摩木は16万本が寄せられ、無魔行満となった。

 当日は前日までの天候不良とは打って変わり、快晴となった修法地。同地で柴燈護摩供が奉修されるのは2009年以来2度目だが、本年は北海道命名150年の節目にあたる。そこで本法要では、北海道開拓先人と開拓関連アイヌ民族のお霊へ心からのご供養を捧げ、世界平和と北海道の郷土安穏繁栄を祈念することとなった。



 午前10時45分、まず法要に先立って阿含宗修験太鼓による奉納演奏があり、続いて宿出の法螺を合図に山伏行列が結界に向けて出立。山伏一行が入壇すると、大正神社・宮司を斎主とする御神事が執り行われた。さらに山伏問答、護身法、斧・法弓・宝剣の各作法、願文と続き、導師が九字を切って護摩壇へ点火。護摩壇から「人類救済の御聖火」が立ち昇った。
 その直後に「開祖霊諭」が奉読されたが、その中で開祖は、北海道の国土因縁にアイヌの人々が深く関わっていることを説かれ、その怨念が、この地域に住む人たちに悪い影響を与え続けていることから、「こうした霊みたまの解脱成仏なくして、その地域の発展、繁栄はあり得ません。そして、そこから生じた国土因縁、家系の因縁、個人の因縁を解くのは釈迦の成仏法しかないのです」と諭された。拝聴した北海道の信徒は改めて、北海道各地の照耀行脚に精進し、同地の怨念を解く決意を新たにした。



 護摩壇から御聖火が力強く燃え続く中、宗務局課長・権少僧都の導師獅子座着座と同時に、両脇の先達修法壇にて、任命を受けた北海道各地区の先達修法導師が祈りを捧げた。また、来賓・参拝者による結界内護摩木投入も行われ、長い行列をなした。
 法要は無魔行満を迎え、帯広から燃え上がった「人類救済の御聖火」は、北海道をあまねく照耀した。




TITLE:神仏現形 阿含のお護摩 奉修

Dec.25.2018 News by 北海道本部管轄

北海道浄霊・シンガポールへ、渾身の祈りを捧ぐ2日間



 6月2・3日の両日、北海道本部にて「神仏現形 阿含のお護摩」が奉修され、両日で計454人の参拝者が真摯な祈りを捧げた。なお、3日の模様は旭川・函館・釧路・帯広の各道場にも中継され、合計44人が参拝した。
 2日は正午から凖胝護摩堂で、大教導を導師に「凖胝尊神仏両界解脱宝生護摩修法」を奉修。午後2時からは本堂にて宗務局課長・阿含宗少僧都を導師に、北海道鎮護・霊性顕現・霊力守護を祈念する「火炎龍神倶利伽羅龍王不動明王護摩修法と法話」が営まれた。
 また、3日は午前11時30分から凖胝護摩堂で、法務部副主任・阿含宗権中僧都を導師に「凖胝尊神仏両界解脱宝生護摩修法」が、午後1時30分からは本堂にて津田課長を導師に、北海道安穏繁栄・運気増強・災難消滅を祈念する「北海道鎮護不動明王護摩修法と法話」が営まれた。
 両日とも「北海道188市区町村 照耀行脚」、「北海道188市区町村 護摩木総祈願・供養」の前半期の大きな区切りとして、それらの活動がさらにご加護いただけるよう、1週間後に迫った「第11回 北海道浄霊法要 神仏両界柴燈護摩供」に向けた護摩木や基金の勧進が行われた。
 また、修法終了後には法務部・阿含宗大律師より、シンガポールでの護摩法要について、1週間後の柴燈護摩供の呼びかけに続き、課長から法話があり、「国土の因縁、家系の因縁、個人の因縁」について解説があった。また、法話中には前回に引き続き、全道での照耀行脚について、各地区から写真を交えた発表も行われた。  
 参拝者には、シンガポールでの護摩法要、「第11回 北海道浄霊法要 神仏両界柴燈護摩供」へ向けて、渾身の祈りを捧げる最後の機会となった。

TITLE:神仏現形 阿含のお護摩 奉修

Dec.17.2018 News by 北海道本部管轄

照耀行脚によって北海道全域に御聖火を灯すことを誓う



 5月12・13日の両日、北海道本部にて「神仏現形 阿含のお護摩」が奉修された。
 12日は正午から凖胝護摩堂で、阿含宗権少教範を導師に「凖胝尊神仏両界解脱宝生護摩修法」が、午後2時からは本堂にて宗務局課長・阿含宗権少僧都を導師に、北海道鎮護・霊性顕現・霊力守護を祈念する「火炎龍神倶利伽羅龍王不動明王護摩修法と法話」が営まれた。
 また、13日は午前11時30分から凖胝護摩堂で、法務部副主任・阿含宗権中僧都を導師に「凖胝尊神仏両界解脱宝生護摩修法」が、午後1時30分からは本堂にて阿含宗権少僧都を導師に、北海道安穏繁栄・運気増強・災難消滅を祈念する「北海道鎮護不動明王護摩修法と法話」が営まれた。
 両日で計538人(うち一般13人)の参拝者が真摯な祈りを捧げた。なお、13日の模様は旭川・函館・釧路・帯広の各道場にも中継された。



 両日とも修法終了後には、「阿含宗世界平和祈念 神仏両界 シンガポール解脱成仏御聖火護摩法要」に向けた護摩木供養、「北海道188市区町村 照耀行脚」の報告と今後の予定が紹介された。
 続いて阿含宗権少僧都より法話があり、国土・家系・個人の三つの因縁は、「阿含宗のみが護持する成仏法でしか断つことができない」と説くともに、照耀行脚の意義が詳説された。また、法話中には前回に引き続き、全道での照耀行脚について、各地区から写真を交えた発表があり、12日には上田権中僧都から九州照耀行脚に関する貴重な体験談も紹介された。
 シンガポールでの護摩法要、全道各地の照耀行脚ともに参拝者の関心は高く、熱気あふれる2日間となった。



TITLE:神仏現形 阿含のお護摩 奉修

Dec.07.2018 News by 北海道本部管轄

照耀行脚によって北海道全域に御聖火を灯すことを誓う



 4月14・15日の両日、北海道本部にて「神仏現形 阿含のお護摩」が奉修された。
 14日は正午から凖胝護摩堂で、大庭忠信大教導を導師に「因縁解脱・運気増強護摩修法」が、午後2時からは本堂にて阿含宗少僧都を導師に、霊性顕現・心願成就を祈念する「水晶龍神不動明王護摩修法と法話」が営まれた。
 また、15日は午前11時30分から凖胝護摩堂で、阿含宗導師に「因縁解脱・運気増強護摩修法」が、午後1時30分からは本堂にて、北海道安穏繁栄・運気増強・災難消滅を祈念する「北海道鎮護不動明王護摩修法と法話」が営まれた。
 両日で計528人(うち一般10人)の参拝者が訪れ、真摯な祈りを捧げた。なお、15日の模様は旭川・函館・釧路・帯広の各道場にも中継され、合計51人が参拝した。
 両日とも修法終了後には、阿含宗僧侶から「北海道188市区町村 照耀行脚」について講話があり、続いて札幌地区管轄地域で行われた照耀行脚護摩法要の報告があった。



 続いて阿含宗権少僧都より法話があり、人間が誰でも持つ、国土・家系・個人の三つの因縁について詳説された後、照耀行脚の意義が解説された。また、法話中には北海道各地で修法された照耀行脚護摩法要について、写真を交えた発表が各地区からあった。
 参拝者からは、「ご法話を聞き、一日も早く、御聖火を北海道全域に灯さなければならないことの使命感を感じた」など、北海道各地で本格的に始まった照耀行脚への感想が多く寄せられた。


TITLE:最勝金剛仏母凖胝観世音菩薩 大曼荼羅御奉安式典 挙行

Nov.20.2018 News by 北海道本部管轄

凖胝尊の因縁解脱力を道北地域の人々へ



 4月1日、旭川道場にて「最勝金剛仏母凖胝観世音菩薩大曼荼羅御奉安式典」が挙行され、大勢の参拝者が集結した。
 旭川地区では道北地域の安穏を祈念し、仏舎利供養を広めていくため、2015年11月に「道北鎮護火炎二大龍神不動明王」を奉安。さらに昨年9月、内陣に護摩壇を正式奉安した。そして今回、凖胝尊の功力を道北に広めるため、「最勝金剛仏母凖胝観世音菩薩大曼荼羅」を奉安することとなった。
 午後0時50分、まず内陣に奉安された「最勝金剛仏母凖胝観世音菩薩大曼荼羅」の除幕式が行われた。開祖が読誦される凖胝尊真言に続いて、打ち鳴らされた太鼓を合図に大曼荼羅が披露されると、本堂は参拝者の喜びの拍手で満たされた。
 続いて、阿含宗僧侶を導師に「凖胝観世音菩薩護摩修法」が奉修され、参拝者と旭川地区信徒一同は、大曼荼羅の功徳によって多くの人々が仏縁をいただけるよう、精いっぱい精進することを凖胝尊に誓った。
 修法後は阿含宗僧侶より法話があり、 「この奉安を心より開祖へ感謝申し上げ、凖胝尊に一生懸命お仕えして、そして現在日本全国で実施されている『照耀行脚』の修行を道北地域に広める時、大きなお力をいただき、誓願をかなえることができると思います」と説かれた。
 その後、来賓祝辞、旭川地区信徒からの決意表明、鏡開きと乾杯、聲明「凖胝観音経」奉納、「六つの合言葉」唱和と続き、最後は参拝者へ「凖胝尊輪法加持」施法で締めくくられた。




1 2 3 ...|18 次のページへ>